180 views

日常生活は【ガチンコ】ビサヤ語教室

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

こんな日もあるんですね。

 

今日は雨が降らず、一日中いい天気でしたよ~。

 

洗濯物がはかどる~。

 

外出もスムーズ~。

 

久しぶりに気持ちのいい土曜日でした。

 




 

というわけで、今日は近所のスーパーへ食料品の買い出しに行ってきました。

 

このスーパー、生鮮魚介類を取り扱ってないせいか、

 

最近お客さんの数が少ないんです。

 

 

つまり、レジ待ちが短い!

 

 

魚介類はマーケットで買った方が安くて新鮮なので、

 

魚などを買う予定がないときは、このスーパーを選択します。

 

 

カリパイ、結構な頻度で通っているので、

 

レジのスタッフだけでなく、

 

店内のほとんどのスタッフに顔を覚えられています。

 

これって、良いのか悪いのか・・・。

 

 

妻と行くときもあれば、一人で行くときもあります。

 

ちなみに今日は一人で行ってきました。

 

 

そういえば、お米を切らしそうだったなと気付き、

 

購入することに。

 

 

フィリピンのスーパーでは、

 

最初から袋に入ったお米だけでなく、

 

量り売りのお米もあります。

 

 

カリパイ:これ5kgくださいな。

 

店員さん:オッケーサー。

 

 

店員さん:プエデ #$%”’&%ドゥハ カ @#$$? カイ *@%&#$#・・・

 

 

 

 

はあ??

 

 

 

 

 

 

 

そうきましたか。完璧なビサヤ語攻撃ですよ・・・。

 

しかし、ここで引き下がってはいけません。

 

諦めたらそこで試合終了ですからね。

 

 

 

カリパイの聞き取れた単語を整理すると、

 

プエデ:可能です

ドゥハ:2つ

カイ:なぜなら

 

この3つだけです・・・。

 

状況判断をすると、

 

・カリパイはお米を5kgオーダー

・店員さんは、「可能」「2つ」「なぜなら」という言葉を使用

 

 

!!!

 

 

ふふふ・・・。カリパイ、理解しましたよ。

 

 

カリパイの勝手な翻訳

店員さん:袋を二つに分けてもいいですか? 一つの袋に全部入りきらないので

 

間違いない!!

 

正解だ!!!

 

 

そこでカリパイ。

 

涼しい顔をしながら「オケラ」※オッケー

 

と言い放ちました。

 

 

その後、何も問題なくスムーズに事が運びましたよ。

 

 

 

英語を使わずに買い物。

 

できましたー!!

 

 

 

気分をよくし、レジ待ちへ。

 

今日も待ち時間は3分ほど。

 

快適、快適。

 

 

カリパイの順番になり、

 

店員さんが「ピッ、ピッ」とやり始めたその時、

 

先ほど購入したお米の袋が破れて、中のお米がドバーッと出てしまいました!

 

 

カリパイ、ぜ~んぜん気にしてなかったのですが、

 

レジの店員さんが、ものすごく申し訳なさそうな顔をして、

 

$#%&!!$@#D&%$#”!!!!!

 

とフルビサヤで何か言っていました。

 

 

 

ぜーんぜんわかりませんよ~。

 

早口すぎて、単語が全く拾えませーん。

 

 

しかし、ここでもカリパイ、涼しい顔で、

 

オケラ オケラ ワライ プロブレマ

※大丈夫、大丈夫、問題ないよ

 

ビサヤ語で切り返しました。

 

 

 

妻と一緒の時は、すぐに答合わせができるのですが、

 

一人の時は、とりあえず忍者ハッタリ君になります。

 

たまにヘンな汗かきますけどね笑

 

 

こうして日々、日常生活においてビサヤ語レッスンを受けているカリパイでした。

 

 

 

ランキング参加中
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です