156 views

【恐怖】明け方に響き渡る謎の歌声?!〈続編〉

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

昨日の投稿に引き続き、今回も謎の歌声についてです。

【恐怖】明け方に響き渡る謎の歌声?!

 

結論から言うと、昨夜は何もありませんでした。

 

歌声は聞こえてきませんでした。

 

ふぅ・・・ひとまず安心です。




 

それで、一体あれは何だったのか?

 

その答えに近づける可能性が少し出てきました。

 

 

昨夜、例の家では誕生日会が行われました。

 

しかも結構、盛大な感じです。

 

ゲストもかなりの数来ていましたからね。50人ぐらいでしょうか。

 

一個人の自宅でのパーティーにしては、大規模だったと思います。

 

 

ここからは推測です。

 

フィリピンではお祝い事があると、ブタの丸焼き(レッチョン)を振る舞う習慣があります。

こんな感じのものです。写真ではブタの口が開いていますが、リンゴを挟むことが多いです。

 

このレッチョン、店で買うと結構いい値段するんです。

 

大きさにもよりますが、3,000~7,000ペソします。日本円で6,000~15,000円ほどです。

 

こちらの新卒者の給料が月8,000ペソほどなので、

 

これがいかに高いかがわかると思います。

 

 

地方では、自宅で用意する場合が多いそうです。

 

ブタをさばいて、丸焼きにするんですよ。

 

ワイルドですね~。

 

 

 

と、ここで、話を戻します。

 

一昨日、夜中に謎の歌声が聞こえてきたその日の夕方、

 

今思えば、ブタの悲鳴のような声が聞こえていた気がするんです。

 

そういえば的な話になってしまいますが。

 

 

で、ですよ。これも仮説ですが、

 

昨日=大事なパーティー

レッチョンが必要

自前で用意

ブタをさばいた?

その明け方に、供養の歌??

 

これどうですかね。

 

カリパイ的には、これ、結構いい線いっている気がします。

 

 

妻に、ブタの供養っていう習慣があるかどうか聞いたのですが、

 

妻もわからないと言っていました。

 

もしかしたら、あるのかもしれません。

 

または、全く別の理由かも・・・。

 

 

結局、真実はわからずじまいですが、

 

今言えることは、あの日だけだったということです。

 

 

さぁ果たして、真相はいかに!

 

答えの出ない、スッキリしない話で申し訳ないです。

 

直接聞きに行くことも考えましたが、

 

チキン野郎カリパイには、そのような勇気がありません。

 

 

何か新たな情報が入り次第、

 

すぐにブログでお伝えします!

 

 

現場からは以上です。

 

 

 

ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です