217 views

何気ない日常の中にある「ほっこりする瞬間」

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

季節の変化が少ない、ここフィリピンでの暮らしは、

 

一年中Tシャツ&短パンで過ごせる身軽さが最高ですね。

 

 

しかし、「季節感」を感じることが難しい面もあります。

 

乾季と雨季があり、気温や降水量の変化はあるので、

 

「今日は暑いなぁ~」とか「いやぁ~今日は雨で涼しいよ~」などのセリフは出てきます。

 

ですが、日本で感じていた「空気のにおいの変化」を感じることができません。

 

この「空気のにおいの変化」、好きでしたね~。

 

 

春夏秋冬それぞれに、においがあります。

 

カリパイは、そのにおいをかぐと季節を感じていました。

 

特に、キンモクセイ(金木犀)のにおいがすると、

 

いよいよ秋が始まるんだなぁ~とうれしくなっていました。

 

 

ちなみに、キンモクセイの花言葉は「謙虚」「謙遜」です。

 

強い香りとは裏腹に、小さく咲く花の様子がつつましいことにちなんでいるそうです。

 

「謙虚」「謙遜」

 

いい言葉ですね。

 




カレンダーはあと1週間で11月になります。

 

残念ながらここでは、キンモクセイの香りはありません・・・。

 

もう秋、終わってしまいますね。

 

 

日本と同じような季節の変化を感じることは難しいですし、

 

同じような変化があれば、そもそもフィリピンのよさがなくなってしまう訳なので、

 

そこは求めないようにしたいですね。

 

 

 

ですが、先日、キッチンから何気なく外を見ると、

 

おや?いいねぇ~

 

と、思わずほっこりするものを目にしました。

 

 

 

 

 

 

バナナの木じゃないですよ笑

 

スズメです。

 

 

 

 

 

スズメ、すずめ、学名 Passer montanus )

スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種。

人家の近くに生息する小鳥である。

引用:Wikipedia

 

 

スズメは、ユーラシア大陸の広い地域に生息しています。

 

スズメの生息地

 

ここフィリピンも、スズメの生息地の中の一つです。

 

 

見てください。その姿形、日本のそれと同じですよね!

 

 

 

 

 

ほっこりする~!!

 

 

小さい頃、桜文鳥を飼っていたのですが、

 

こういった小鳥って、無条件に「かわいいなぁ」と思えます。

 

 

フィリピンのスズメには、厳しい冬はありません。

 

彼らも、日本で暮らすスズメより、

 

のんびり過ごしているのかも知れませんね。

 

 

 

フィリピンでは、日本のような季節の変化を感じることができませんが、

 

日本で目にしていたスズメを見ると、

 

季節感を感じること以上に、何だか安心します。

 

 

ネコもわりと同じですね。犬は、全然ちがいます。

 

あれは別の生きものでしょう・・・。

恐ろしすぎる近所の守衛たち

 

 

 

今日は、日常の中にある「ほっこりする瞬間」についてでした。

 

 

ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

2 件のコメント

  • ほっこり、いいですね~、昨晩は台所でガサゴソ音がするんで起きて電気を付けたら、40~50cm位の蛇と手のひらサイズの蜘蛛が喧嘩をやっとりました、びっくらこいてポックリいきそうでした。同じラシオンで、こんなに生き物が違うって、どういう事?

    • ラシオンさん、コメントありがとうございます!

      >40~50cm位の蛇と手のひらサイズの蜘蛛が喧嘩をやっとりました
      それはビックリですね!!
      蜘蛛はまだしも蛇が家の中にいたらショックすぎますよ!

      蛇と蜘蛛、どっちが勝ったのか気になります・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です