216 views

一日中鳴き続ける近所のニワトリ

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

フィリピンでは、中心部から少しでも外れると、

 

家でニワトリを飼っている家庭が沢山ある。

 

目的は、闘鶏用または食用だ。

 

闘鶏の様子はこちら

【実録レポート24時】フィリピン・セブのギャンブラーが集う場所に潜入!

 

 

スポンサーリンク


 

ニワトリは、昼行性なので、夜になる活動しなくなる。

 

簡単に言うと、夜は暗くて見えないのだ。鳥目ってやつ。

 

なので、夜は当然のことながら鳴かない。

 

もしも夜に鳴けば、「オレはここにいるぜ!」って周囲に知らせることになり、

 

他の獣に襲われる危険性がある。

 

自然界の道理にかなった習性だ。

 

 

なので、これは勝手な推測だが、

 

なぜ、ニワトリは朝一番に鳴くのか?

 

その答は、夜の間に大人しくしていて、

 

朝になった瞬間、「いいぇぇ~いぃ!朝だぜ~~!!」と、

 

テンションが上がっているからだと思う。

 

 

では、なぜ昼間も鳴くのか?

 

ニワトリが鳴くもう一つの理由は、ズバリ「縄張り示し」&「求愛」だ。

 

コケコッコー(ここはワシのシマじゃ~!)

 

コケコッコー(ヘイ彼女、オレイケてる?)

 

 

 

フィリピン人が、周囲の迷惑などお構いなしに、

 

カラオケや爆音ミュージックを流しているのは、

 

もしかしたら、コケコッコーと同じなのかもしれない・・・

 

そう。ここは、他への配慮よりも、自己顕示が優先される国。

 

義務は果たさなくても、権利を主張する国。

 

 

 

日本で息が詰まっている方は、一度フィリピンへ。

 

フィリピンを訪れ、その後日本へ帰国すると、

 

今までと違ったものの捉え方ができるかもしれませんよ。フフフ・・・

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です