コメント 0

ガソリンの価格がどんどん高くなっていく・・・

こんにちは。こんばんは。

ハッピーターンを腹一杯食べている夢を見た

どーも!フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

フィリピン関係の情報を見ていると「日本より物価の安い国フィリピン!」ってありますよね。

 

タクシーの初乗り80円

ビール一缶80円

ローカルの理髪店100円

映画館の料金400円

 

これらの数字を見ると、「うひょー!安っす!」って思うでしょう。

 

確かに、安いです。否定はしません。

 

ですが、それは「日本円」を基準に考えた場合です。

 

日本円を稼ぐ、または日本円を持ち込む人にとっては確かに「安い」と言えそうですが、賃金水準は圧倒的にフィリピンの方が低いので、ペソを稼ぐこの国の人にとっては、それほど安くありません。

 

簡単に言うと、給料が低すぎるんです。

 

日給700円の世界ですよ。

 

時給じゃないですよ。日給です。

 

映画館で映画を観ようものなら、一発で一日の稼ぎの半分以上が消えて無くなります。

 

仮に日本で日給10,000円だとすると、映画料金は8,000円ほどって感じです。

 

高いですよね~。

 

 

カリパイが生活の足として使っているバイクも、定期的にガソリンを入れる必要があります。

 

 

少し数字が見づらいかもしれませんが、レギュラーガソリン57.07ペソ、ハイオク60.07ペソです。

 

日本円に換算すると、レギュラーが約120円、ハイオクが約130円ですね。

 

これ、めちゃくちゃ高いですよ。

 

確か、カリパイがフィリピン・セブでバイクに乗り始めた頃は、ハイオクでも100円するかしないかぐらいでした。

 

あれからわずか、2年ほどでこの上昇率。

 

世界的に原油の価格が高騰している背景があるとはいえ、このガソリン価格の上昇は、フィリピン人にとってかなりの痛手と言えるでしょう。

 

 

ガソリンスタンドによって、価格にばらつきがあるため、この店よりもっと安い店もあれば高い店もあります。

 

ちなみに、このガソリンスタンドはマンダウエ市にあります。

 

 

輸送関係の業界は、ガソリンの値上がり分を料金に反映させないと苦しいでしょうね。

 

そうなると、消費者の立場としては「また値上がりかよ!」ってなります。

 

賃金は変わらず物価だけどんどん上がっていくと、ますます生活が苦しくなる。

 

生活苦から、「真面目にやっててもダメだ!」と犯罪へ手を染めてしまう。

 

国が国民のことを本気で考えているのなら、政治家が私腹を肥やすための公共事業ではなく、国民の収入が増える雇用機会をばんばん作ってほしいと思います。

 

みんなでバリバリ働いて、給料をガッポリもらい、欲しいものを買い食べたいものを食べる。

 

そして心身ともに健全な状態で、またバリバリ働く。

 

そんな簡単にはいかんですかね。ははは。

 

 

ガソリン価格の上昇から、フィリピンの経済についてちょっと考えてみました。

 

日本から観光で来る人は、是非ともお金をたくさん使っていってください。

 

あなたの消費が、この国の経済の循環を良くするんです!

 

使い道が思いつかないよ~という方は、カリパイにご相談ください。

 

代わりにバンバン使ってあげますよ~笑。

 

んじゃまた!バイバイ!

ランキング参加中!!
↓バナークリックで順位が上がります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



カリパイ
「カリパイを応援したい!」という方は要チェック!
polca(ポルカ)を使ってカリパイを支援できます。
詳細は→こちら←から

あわせて読みたい

フィリピン情報満載!
伝説のKalipay

グルメ・観光・ショッピング・バイク等、フィリピン・セブから役立ち情報をお届け中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です