コメント 0

【映画鑑賞】超適当&無茶な設定「だが、それがいい」

こんにちは。

英語の勉強を兼ねて、毎晩PCで映画鑑賞をしているフィリピン在住のカリパイです。

 

PCで観る映画は、字幕なしのガチンコスタイル。

 

途中で気になる単語があったときは、その都度辞書で意味を調べると、

 

結構頭に入りますね。

 

さてさて、先日観た映画について今日はお話ししたいと思います。

 

その映画はアーノルドシュワルツェネッガー主演の『コマンドー(Commando)』です。

 

 

日本では1986年に公開されたこの作品は、痛快アクション映画と言えるでしょう。

 

とにかくシュワちゃんが大暴れ!

 

カリパイもこの映画は何十回と観てきましたが、何度観ても面白いですね~。

 

 

カリパイが気付いた「ここがヘンだよこの映画」

 

『コマンドー』は、かれこれ30年以上も前の映画です。

 

そう考えると、古っ!と思いますが、当時はシュワちゃんの全盛期。若ですよね~。

 

映画を観ていて、「ええっ!?」と思ったシーンがいくつかあったので、

 

それらをご紹介します。

 

 

シーン①「すでに死んどるやん!」

 

最初は、映画の冒頭でのシーンです。

 

シュワちゃん演じるメイトリックスは、愛娘ジェニーと渓流で魚釣りをしています。

 

 

微笑ましですね~。うんうん。

 

そして、次の瞬間、ジェニーの竿にアタリが!

 

頑張ってリールを巻くジェニー。

 

 

やったー!釣れたわー!

 

大喜びの娘と同じように嬉しそうな表情のメイトリックス。

 

しかし、よく見るとこの釣れた魚、

 

すでに死んでますやん・・・

 

仕事が粗いですなぁ、小道具さん。

 

 

シーン②「思いっきり人形やん!」

 

お次は、映画終盤のシーンです。

 

悪党一味に連れ去られた娘を救出するために、単身敵のアジトに乗り込んだメイトリックス。

 

彼はかつて精鋭部隊コマンドーの指揮をとっていた戦いのスペシャリストです。

 

期待通り、たった一人で次から次へと敵のアジトを破壊していきます。

 

映画の中で数々の爆破シーンがありますが、どれも迫力満点ですね。

 

 

ん??

 

人のお尻から支柱のようなものが見えますよ。

 

この爆破シーン、明らかに人型の人形が使われていますが、

 

もう少し上手いこと隠せないんですかね。

 

人形だっていうことが、一目で丸わかりですよ。

 

仕事粗いですね~小道具さん。

 

 

シーン③「お前さんたち弱すぎるでしょ」

 

最後は、こちらの場面。

 

ロケットランチャーや銃をぶっ放しまくりのメイトリックスに対して、

 

一体何人いるんだ?ってくらい、敵は次から次へとわいてきます。

 

彼らも、傭兵としてそれなりに訓練を受けていることでしょう。

 

ですが・・・

 

 

みんなあっさりやられすぎでしょ!

 

手には銃を持っていますが、そんなに無防備に飛び出してきちゃダメでしょ?

 

本当にちゃんと訓練受けてきた?

 

相手はたったの一人ですよ?

 

ていうか、出てきたヤツ、全員やられてますからね・・・。

 

 

もちろんこれは映画なので、主人公が大活躍する設定なら敵はどんどんやられていきます。

 

にしても、あっさりやられまくりの様子が、ちょっと面白かったですね。

 

 

まとめ

 

「30年も前の映画にグチグチ文句つけるなよ!」と言われそうですが、

 

最初にも言ったようにカリパイはこの映画が大好きです。

 

ハッキリ言ってこの映画、もうムチャクチャな設定ですよ。

 

ただただシュワちゃんのアクションがカッコいい!というだけの映画です。

 

だが、それがいい

 

たまにこういう単純明快な映画を観るとスッキリしますよ。

 

 

 

フィリピン情報満載!
伝説のKalipay

グルメ・観光・ショッピング・バイク等、フィリピン・セブから役立ち情報をお届け中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です