252 views

暑すぎる毎日とカリパイ家の事情

さすがは、サマーシーズン真っ只中のセブ。毎日、厳しい暑さが続いている。

 

何を隠そう、カリパイ家にはエアコンがない。

 

何を隠そう、カリパイ家には冷水の出るウォーターサーバーがない。常に常温のみ。

 

何を隠そう、カリパイ家には冷蔵庫がない。

 

厳密に言うと、冷蔵庫はあるのだが、コンセントは抜かれたままになっている。

 

理由は、電気代。節約、節約・・・。

 

 

うぉ~~マジで貧乏暮らしだぁ~~!!

 

 

 

日本にいてこれを読んでいるみなさんは、想像できるだろうか?

 

真夏に、「エアコンなし・冷蔵庫なし」で暮らす毎日を。

 

フィリピンにいる人は、まぁ納得できる部分もあるはず。

 

 

 

どこからともなく、質問が聞こえてきた・・・。


Q1:冷蔵庫なしで、食材はどうしてるんですか?

 

ふふふ。いい質問だ・・・

 

A1:近所のサリサリストアー(小さな雑貨屋)で氷を5ペソで買ってきて、クーラーボックスにて保存する。

 


Q2:冷たい飲み物を飲みたいときはどうしてるんですか?

 

これは愚問だ・・・

 

A2:我慢!(90%)または、サリサリストアーでジュース購入(10%)

 


Q3:そんな生活、耐えられるんですか?

 

おぉお、究極の質問だ・・・

 

A3:はい。耐えられますよ。(ガクガクガク・・・妙な震え)

 


 

 

スポンサーリンク


この圧倒的なストレス高負荷状態の中で、どのように生き延びていくのか?

これが、カリパイの救世主だ。

 

パウダージュース!!各10ペソ!!

 

安い!!!

 

水に溶かして、飲む、フィリピンでは超メジャーなアイテムだ。

 

一袋10ペソから余裕で1リットルほどのジュースを作ることができる。

 

 

ここへ、贅沢にもサリサリストアーで買ってきた5ペソの氷を惜しげもなく投入。

 

すると、見た目にも鮮やかな、フルーツジュースのできあがり。

 

カリパイの時に気に入っている味が、スイカ味だ。マジで美味い。

 

 

毎日、これをやるわけにはいかないが、

 

たまに、どーーーしても我慢できないときに、

 

この救世主が降臨する。

 

 

このブログを書き終えたら、今日も一杯やるつもりだ。

 

(は、早く飲みたい・・・)

 

 

真面目な話、冷蔵庫がないのは不便極まりないので、冷蔵庫復活に向けての署名活動を行う予定だ。署名するのは、自分だけだろうが・・・

 

もし、冷蔵庫が開通すれば、

 

いちいちサリサリへ氷を買いに走る必要がなくなるだけでなく、

 

先程のフルーツジュースを凍らせて、アイスキャンディーにして売りさばいてやろうかと。

 

アイスキャンディー1本5ペソ。

 

これで、冷蔵庫の電気代が取れれば、万々歳といったところだろう。

 

もちろん、これを妻に提案し、承認を得なければならないのは言うまでもない。

 

 

さて、どうなる??

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です