299 views

コメント 0

【最新】交通違反者への罰則規定を強化?!やるなら徹底してやってくれ!

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

今日ネットで流れてきたニュースに思わず目がとまりました。

 

 

内容を簡単に説明するとこんな感じです。

セブ市長 Tomas Osmeña が「車・バイクの逆走を今すぐ徹底的に取り締まれ!」と本日付で発表。

 

違反者は30日間の車両没収の方向で調整中。

 

 

まーた、えらい急な話だなぁ・・・。

 

というわけで、このニュースについてもう少し掘り下げてみたいと思います。



そもそも交通マナーがひどいセブ

 

まぁこれを言い出したら、キリがないんですけどね。

 

そこのけそこのけブンブンブーン!

幅寄せ、割り込み、急停車!

 

何か問題でも?って世界です。

 

この原因はいくつかあるでしょう。

 

  • 道路、区画等の構造的問題
  • 運転技術の未熟なドライバー多数
  • 「自分さえよければ」というマインド

 

バイクを運転しているカリパイとしては、ジプニーが厄介ですね。

 

そこら中で止まったり進んだりを繰り返すので、車の流れが悪くなってしまいます。

 

 

マナーが悪いから渋滞が起きているのか、

 

渋滞が頻発するため運転マナーが悪くなるのか・・・。

 

いずれにせよ、安全が脅かされる交通事情はよくありません。

 

この現状を見かねて、ようやくセブ市長が重い腰を上げたというわけです。

 

 

交通違反「逆走」について

 

多くの場合、こんな感じです。

 

片側が激しい渋滞で、まったく進まない状況。

もう片側は、それほど混んでなくわりとスムーズに車が流れている。

渋滞側の道路で、前に進みたい車やバイク(特にバイクが多い)が、中央線を越え反対車線を爆走する。

 

これ、完全に交通違反です。

 

これまでも逆走の罰則はあります。500ペソ(約1,100円)の罰金です。

 

しかし、自分が知る限り逆走で捕まっている車・バイクを見たことがありません。

 

 

もう一つよくあるケースとして、片側1車線の道で、ものすごく遅い車が走っていると。

 

それで、早く先へ進みたい車・バス・Vハイヤー(乗り合いバン)が、中央線を越えて追い越しをかけます。

 

このケースも逆走です。

 

これは市街地よりも、郊外へ向かうハイウェイでよく見られる光景です。

 

もうホント危ないですよ。

 

だって、追い越しをかける車って、相当スピード出してますから。

 

 

カリパイが思ったこと

 

 

Vハイヤー、マジで危ない。

 

頭おかしいんじゃないのっていうスピード出してますから。

 

まずは彼らをガッツリ取り締まっちゃってください。

 

 

バイクの逆走も日常茶飯事です。

 

カリパイも何度かやったことありますが、スピードはうんと抑えてました。

 

でも、もうやめます。逆走しません!

 

30日もバイクを取り上げられたらおしまいですよ。

 

じゃなくて、危ない運転はすべきではありません!

 

 

まとめ

 

だれかがやってると「みんなでやれば怖くない」的な心理が働くものです。

 

でも、だれもやっていなければ、新たにやろうとする人は減ります。

 

みんなで「逆走しない!」「逆走NO!」という意識をもって運転すれば、

 

逆走の件数は減るのではないでしょうか。

 

なぁーんて甘い考えでは、ここで生きていくことはできません。残念!

 

しかし、自分はその一人になることをここで宣言します。

 

「おっ、あいつ逆走しないのか。じゃあおれも」って誰かがカリパイの姿を見て思ってくれるかも知れません。

 

かも知れません・・・。

 

 

最後に一句。

 

やるのなら

とことんやれよ

取り締まり

 

ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です