228 views

セブでバイクを運転していて気付いたことをまとめてみた

セブでバイクに乗り始めてから、早いもので半年が経った。

 

今のところ、おかげさまで、

 

無事故・無違反(無検挙)・無盗難である。

 

 

最初のうち、一番戸惑ったことが、右側通行だ。

 

みなさんご存知の通り、フィリピンの道路の通行方向は日本とは逆である。

 

右側車線から、左折するときのなんとも言えない気持ち悪さに、

 

最近ようやく慣れてきた。

 

それと、信号が赤でも、右折はいつでもできること。

 

これも、かなり気持ち悪かったが、今はその便利さに納得している。

 

慣れってすごいなと思う。

 

 

しかし、日本へ帰ると、一日もすれば左側通行に適応するだろう。

 

今は右側通行で生活していても、

 

経験年数は圧倒的に日本の方が長い。

 

体にしみ込んだ感覚は、そう簡単には消えない。

 

 

スポンサーリンク


 

というわけで、今回は、セブでバイクを運転していて、

 

何気な~く気付いたことをまとめてみた。

 

 

①やたらと鳴るクラクションが実はありがたい

バイクにまだ乗っていなかった頃、

 

道を歩いていると、そこら中からけたたましいクラクションの音が鳴り響き、

 

その度に「うるせぇ~ボケ~」と思っていた。

 

 

日本の感覚では、クラクションを鳴らすときは、

 

何らかの怒りや苦情のようなものを表すことが多い気がする。

 

 

しかし、ここフィリピンでは、

 

多くの場合、ただ単に合図を出しているに過ぎない。

 

「お前のそばを通るぞ~」

 

「おい、このジプニーに乗ってくか?」

 

といった具合だ。

 

 

これが、バイクを運転していると、結構ありがたかったりもする。

 

もっと良い別の方法があればいいが、

 

現状、運転が荒いフィリピン交通事情では、

 

互いに音を出して、注意し合うことで、

 

事故を防いでいるようにも感じる。

 

 

ただし、誰にも彼にもクラクションを鳴らすのは危険だ。

 

そこは日本と同じ。

 

相手を間違うと、この国ではヤラれます。

 

車の運転手、銃を持っているので。

 

 

②フィリピン人は車の運転が超下手すぎ

小型車で、女性ドライバーの場合、

 

間違いなく超ド下手だ。

 

・ウインカーを出さず突然曲がる

・2車線をまたいで走る

・停車中、突然バックしてくる

・駐車スキルがヘボすぎて、時間がかかりすぎ、大渋滞が発生する

 

駐車に関しては、全体的に言えると思う。

 

なぜ頭から突っ込むのか理解に苦しむ。

 

頭から突っ込む方が、ケツから入れるより難しいのに。

 

なので、何回も切り返し、

 

おいおい、これじゃあ日が暮れちまうぜっていうくらい時間がかかる。

 

モールの駐車場なんかでこれをやられると、

 

その後ろがすべて詰まり、

 

たちまち大渋滞だ。

 

 

フィリピン人ドライバーって、

 

一体何パーセントくらいの人がちゃんとした運転練習をしているのだろうか。

 

日本の運転試験(実技)を受けさせたら、

 

ほとんどのフィリピン人が不合格だろう。

 

 

余計なお世話かもしれないが、

 

車の運転が下手な人を見ると、ホント腹が立つ。

 

オレが見本見せたろか!と思ってしまう・・・

 

 

③ジプニーが超邪魔&危険

バイク乗りの一番の敵は、間違いなくジプニーだ。

 

常に右端の車線を独占し、

 

突然のストップ&ゴーを繰り返す。

 

幅寄せなど、日常茶飯事。

 

ジプニーをやり過ごすためには、

 

その道路の交通の流れを瞬時に読み取ることが不可欠だ。

 

これさえマスターすれば、

 

軽る~くジプニーを足蹴にすることができる。

 

カリパイも、そこまでの域に到達するのに、

 

3ヵ月かかった。

 

 

バイクのイメージは、右車線の歩道際を走るものだと思われがちだが、

 

実は、中央線寄りを走ることの方が、安全だ。

 

理由は、ジプニー。

 

ジプニーを避けようとして、

 

転倒したり、他の車と接触したりする事故が後を絶たない。

 

よい子のみんなは、中央線寄りを走った方がいい。

 

 

④サンキューハザードがない

進路を譲ってもらった際、

 

「ありがとう」の意味を込めて、ハザードランプを点灯させるアレ。

 

ここ、セブでは一度も見たことがない!

 

アレって日本だけか?

 

それとも、そもそも割り込んでおいて、

 

申し訳ないとか、ありがとう、な~んて思うことがない?

 

バイクでハザードたけないので、

 

今度改造して、サンキュー合図を広めようかな。

 

 

⑤道路のメンテナンスが結構進んでいる

カリパイがよく使う道路に限った話になってしまうが、

 

ちょっと前まで、ボッコボコに穴が開いてた道路が、

 

いつの間にか、ちゃんと整備されていたり、

 

補修だらけで、起伏が多い道路が、

 

バシーッと平らに再舗装されていたり。

 

やればできるじゃん!

 

 

 

 

 

以上、勝手に思いついたことをまとめてみた。

 

今はバイクを運転しているだけなので、

 

車を運転すると、また違ったことに気付けそうな気もする。

 

 

何はともあれ、安全運転。

 

ほぼ毎日、バイク絡みの事故を見るので。

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です