138 views

暑い・・・思考停止5秒前

本日のセブ。

 

心地よい風など全くなく、暑い。

 

日差しが強いというより、単純に気温が高い。

 

体感、40度ぐらいだ。

 

実際は、32度ほどだろうが、温度計が身近にないので、

 

実際の気温は分からない。

 

まぁ、分からない方がいいかもしれないのだが・・・

 

 

こうも暑いと、思考力が一気に低下してしまう。

 

ちなみに、カリパイ家にはエアコンがないので、

 

日が沈み、涼しくなるのを待つことしかやれることがない。

 

 

もうずいぶん長い間、温水シャワーを浴びていないが、

 

現在の状況では、温水シャワーなど全く必要ない。

 

冷水で浴びるシャワータイムこそが、

 

今のカリパイの唯一のリフレッシュタイムとなっている。

 

スポンサーリンク


 

うっすら遠のく意識の中で、これからの暮らしのことや、

 

現在の仕事のことなどをあれこれ考えてみても、

 

「どうにかなるでしょ」

 

と、まるでフィリピン人のようなマインドになってしまう。

 

 

ん?

 

つまり、フィリピン人が適当なのは、暑さのせいなのか?

 

暑いということは、ディスアドバンテージなのか?

 

 

〈一般のフィリピン人思考〉

エアコンがない→暑い→やる気が出ない→何もしない

 

〈ガッツのあるフィリピン人思考〉

エアコンがない→暑い→エアコンを買いたい→働く(お金を用意する)→エアコンを手に入れる

 

後者のような人間が増えれば、この国もずいぶん変わるだろうなぁと思う。

 

しかし、

 

そこにはちゃんとオチがある。

 

〈エアコンを購入したフィリピン人思考〉

エアコンを手に入れた→涼し~い→調子に乗って24時間フル稼動→電気代が払えない→電気を止められてエアコンが使えない→暑い→頑張っても結局は報われないと諦める

 

 

フィリピンの電気代は、異常なほど高い。

 

最低賃金で働く労働者の場合、

 

月の収入の30%ほどが、電気代にもっていかれるといっても過言ではない。

 

このような状況なので、電気代がかかるエアコンなど不必要となるわけだ。

 

涼しさより、食べ物。

 

電気代分のお金で、お米を沢山食べることができる。

 

 

やはり、まだまだ貧しい国と言えるかもしれない。

 

 

しかし、物質的には貧しいかもしれないが、

 

いつも陽気に暮らす彼等を見ていると、

 

物質的な豊かさが、すなわち幸せとは限らないと気付かされる。

 

 

精神的に貧しいことが、何よりも不幸なことかもしれない。

 

 

 

思考力停止5秒前状態で、

 

暑さに負けず陽気に暮らすフィリピン人のすごさに、気付けたような気がする。

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です