176 views

この世の常は栄枯盛衰

少し前の話になるが、

 

よく通っていた日本食レストランが店を閉じてしまった。

 

値段も味も、なかなかバランスがよく、

 

月に一回は行くほどの、お気に入りの店だった。

 

 

初めて妻をそのレストランへ連れて行ったとき、

 

唐揚げがとても美味しいと言っていたことを思い出す。

 

自分は、カツカレーが好きだった。

 

値段の割にボリュームがあり、味も満足できるレベル。

 

しかし、突然の店じまい。

 

 

セブで飲食店を営んでいる日本人経営者に言いたい。

 

「本当に経営が大変な中、日本食を提供してくれてありがとう」

 

 

きっと、ほんの一握りの人しか、ここセブでは成功しないと思う。

 

3年ももてば、いい方ではないだろうか。

 

 

飲食店を長く営むことができる人は、

 

他の業種でも、ビジネスが上手くいく人だと思う。

 

飲食業界って奥が深い・・・

 

自分は、経験がないけど、ただそう思う。

 

 

スポンサーリンク


 

日本のニュースでは、カールの一部商品が、

 

西日本での販売に限定されるとのこと。

 

生産工場が西日本にあり、

 

輸送コストを削減するために、全国での販売を中止するとのこと。

 

 

このニュースを受け、多くの人が、

 

「残念だ」「何とか販売してほしい」

 

などとショックを受けているようだ。

 

 

 

店を閉じることになった日本食レストランも、

 

全国での販売を打ち切ることになったカールも、

 

もし、そこへ通うお客や、それを購入する人がたくさんいたとしたら、

 

店じまいも、販売中止もなかったはずだ。

 

 

人は、失ってからようやくその大切さに気付くようだ。

 

消費者は、いつも勝手なことばかり言う。

 

経営者側の苦労など、これっぽっちも気にしていない。

 

 

日本食レストランの場合は難しいかもしれないが、

 

カールの場合、みんなで、どんどんカールを購入して、

 

経営を支えていくことが、

 

全国販売復活に向けて、誰も彼もがやれることだろう。

 

 

 

いずれにしても、

 

自分の好きな場所や好きな店が、

 

いつもと同じようにそこにあることを、感謝できる人でありたい。

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です