511 views

妻の実家で暮らして得たもの

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

今日は夕方から、久しぶりに日本人の友人と食事をした。

 

 

久しぶりと言っても、

 

彼とは仕事関係で関わっているので、

 

連絡は、ほぼ毎日取り合っている。

 

 

食事の場所は、とある日本食レストラン。

 

会って早々に、友人が苦しそうに切り出した。

 

「今日、体調悪いんですよ~。なので、栄養のあるものを食べないとね~」

 

スポンサーリンク


どうやら、先週の週末に一日中、外に出掛けていて、

 

その後、疲れてエアコンを付けっぱなしで寝てしまったせいで、風邪を引いたらしい。

 

う~ん、よくある話だ。

 

 

特に、こっちのエアコンは、

 

温度調整のきかないタイプもあるので、

 

エラい勢いで部屋の中が乾燥していってしまう。

 

 

また、セブ市内においては、排気ガスがひどく、

 

普段から気管支辺りにダメージが蓄積しやすい。

 

 

つまり、「セブ」と言うと、

 

美しい海とビーチという作り上げられたイメージがあるが、

 

それは大きな間違いであって、

 

現実は、人体に悪影響を及ぼしやすいものが氾濫している。

 

ただし、これは、中心部の話。

 

ひとたび、大通りから一本中へ入っていったり、

 

少し丘の上へあがったりすると、

 

状況は一変する。

 

 

車が少ない地域では、当然のことであるが、空気はそれほど汚れていない。

 

また、都市部に比べ、気温も若干だが低く感じる。

 

 

うちの妻の実家は、ハイウェイから幾らか中へ入ったところにあるので、

 

夜は静かだし、星も沢山見える。

 

また、朝夕は若干ではあるが涼しく感じる。

 

 

うちに、冷蔵庫やエアコンがないのは、

 

ただ単に貧乏だからではなく、

 

それらがなくても、何とか生活を維持できる環境だからである。

 

 

つまり、こういうことだ。

 

冷蔵庫、エアコン、温水シャワー

 

日本にいたら当たり前に揃っているものが、存在しない状況で暮らしていると、

 

人はそれに適応することができる、ということだ。

 

おかげで、妻の実家で暮らしだしてから、

 

風邪を引いたり、体調を崩したりしたことがない。

 

まぁ、数回、腹痛には苦しまされたが・・・

 

 

ヘンな話、今では温水シャワーを浴びたいとも思わないし、

 

エアコンがないと暑くて死んでしまう、なんてことを考えることもない。

 

 

これは、妻の実家で暮らしていて、

 

自分がパワーアップした点だと確信している。

 

 

人間は、環境に依存している生き物だと改めて感じた。

 

その環境を作っているのも、選んでいるのも人間なので、

 

この点には若干の矛盾を感じるのだが・・・。

 

 

何はともあれ、

 

新居には、エアコンを取り付ける予定は今のところ無い。

 

もちろん温水シャワーも必要ない。

 

 

しかし、冷蔵庫は買おうかなぁ~と考えている。

 

キンキンに冷えたビールを飲みたいので・・・

 

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です