305 views

【自己嫌悪】フィリピンに来てから「親切には裏がある?」といつも勘ぐるクセがついてしまったのだが・・・

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

今日は午後から、バイクの登録更新(車検みたいなもの)をしに LTO(陸運局)へ行ってきました。

 

更新手続きの仕方等は、説明すると長くなるので、近日中にメインブログ『伝説のKalipay』の方にアップします。

 

今日は、手続きの際に感じた「モヤモヤ~っとした気持ち(自己嫌悪)」についてお話ししたいと思います。




突然ですがみなさん。

 

フィリピンで「誰かにだまされたこと」はありますか?

 

もしそういった被害にあった方がこのような質問を目にすると、いい気分ではないことは重々承知しています。

 

「いやぁ~いい勉強になったよ」と笑い飛ばせる程度の被害であれば問題ないかも知れませんが、しゃれにならない規模の被害だとめちゃくちゃ辛いですよね。

 

幸か不幸か、自分はこの3年間で、今のところ一度もそういう目にあっていません。

 

正確には一度だけ「だまされたなぁ~」ということがありました。

 

相手は日本人です。

 

ですが、自分としては相手を責めるより、それを選択した自分に責任があると思っているので、「だまされた」という感覚はそれほどありません。

 

 

この一件以来、基本的には「うまい話などない」と思っています。

 

それはフィリピンで生活をしているあらゆる場面においてです。

 

「なんでこんなにも親切にしてくれるんだろう・・・何か裏がありそうだ」

 

このように考えるクセがつきました。

 

 

フィリピンで暮らしていると、今まで経験したことのない「不自由」「サービスのなさ」を感じることがあります。

 

言い方が間違っているかも知れませんが、日本の場合、サービスが過剰なのかも知れません。

 

それに慣れている日本人は、みな一様に「不自由」や「サービスのなさ」を感じるでしょう。

 

ここフィリピンでは、基本的に「不便である」。

 

そう思っているところに、やたらと親切にされたり気遣いされたりすると、「あれ?」っとなるわけです。

 

これが、自分が親切にされたときに警戒心をもってしまう背景です。

 

それと、やはりここは外国なので、警戒心を一段上げることは必要なこととも考えます。

 

 

ちょっと前置きが長くなってしまったので、本題へ。

 

 

昨年の12月にバイクを購入してからちょうど一年が経ちました。

 

1年ごとにバイクの登録を延長する手続が必要なのですが、今回は初めての更新手続き。

 

ネットでいろいろ調べてみたのですが、バイクの更新手続きについてはあまり情報がなく、とりあえずLTO(陸運局)へ行って、自分で聞いてみるしかないなと思い行ってきました。

 

 

 

マンダウエにあるLTOへ行ったのですが、人がいません。

 

平日の昼間とはいえ、閑散としていました。

 

ちょっと拍子抜けです。

 

 

自分がバイクを止めていると、一人の男性が近寄ってきました。

 

彼の名はドンドン。

 

最初、自分と同じバイクの更新に来た人かと思っていましたが、彼はここの職員でした。

 

 

ドンドン
バイクの更新に来たの?

 

カリパイ
はい、そうです。

 

ドンドン
日本人?

 

カリパイ
はい、そうです。

 

ドンドン
よし、オレがキミをサポートしてあげるから安心しなさい

 

この時点で、怪しさ全開フルスロットルですよ。

 

  1. 単なるフィクサーで、後で高額な請求をされる?
  2. 職員だけど、親切料を求められる?

 

もうこの2択しか考えつきません。

 

カリパイの不安をよそに、ドンドン、本当に親切でものすごく分かりやすく説明してくれるんです。

 

しかも、フィリピンあるあるの「書類のコピーは外でとってからまたおいで」ではなく、ドンドンが事務所で普通にコピーしてくれます。

 

特に政府関係の役所で、この待遇は初めてです。

 

 

ひょっとして、ドンドンって本当にいいヤツ?

 

 

書類の記入もドンドンが全部やってくれました。

 

自賠責保険の申請も完全ガイドで付き添ってくれました。

 

スモークテストの場所も丁寧に教えてくれました。

 

 

そして極めつけは、バイクの性能チェック(目視のみ)のときです。

 

フロントのフォグランプをブルーに替えてあることに気づいたドンドン。

 

 

ドンドン
あれ?これ替えたの?まずいなぁ・・・。これ違反だよ。オフィサーに見つかると6,000ペソ(約13,000円)の罰金になっちゃうよ。

 

 

 

 

6,000ペソっすか!?

 

 

ドンドン
書類には「問題なし」って書いとくけど、家に帰ったら純正のバルブに戻すんだよ。オッケー?

 

 

 

うぉ~見逃してくれるんか~い!

ありがたや~!

 

,

ドンドン
何か分からないことがあったらいつでもオレにテキスト(メール)してね。

 

 

 

 

ありがとうございます!

 

 

帰りのバイクを運転中、LTOでの出来事を振り返って自己嫌悪になっていました。

 

結果的に、ドンドンは一切の見返りを請求することもなく、本当にめちゃくちゃ親切な職員でした。

 

3年間のフィリピン暮らしで、ここまでの親切な職員は初めてです。

 

 

ゴメンね、ドンドン。最初はキミのこと疑ってたんだ・・・。

フィリピンで暮らしていて、親切に対して疑いをもつようになってしまったんだよ。

でも、今日分かったんだ。

キミみたいないい人もいるんだってことが。

ゴメンねドンドン。疑ってしまって。

そして最後に一言、キミに言いたいんだ・・・。

 

 

ありがとうドンドン

※実際はこんなにチャラくないです笑

 

 

いい人と悪い人の区別が簡単にできたら苦労ないですね。

 

ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です