185 views

こんな日はおとなしくしてなさいってことかな?

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

今日も朝からすっきりしない天気で、昼からは豪雨&停電。

 

いろんなことが段取り通りにすすまない日になってます。

 

う~ん凹むなぁ・・・

 

気象衛星写真はこんな感じ。

 

強烈な雨雲が襲来中です。

 

天気予報によると、セブ地方は、しばらく不安定な天気が続くとのこと。

 

洗濯物が乾かない!

 

ぬううぅう、ランドリーショップに洗濯物を出すべきなのかも。

 

余計な出費はなるべく避けたいカリパイ。悩むところです。

 



 

ちなみに今日、世間では給料日&金曜日。

 

さっき、息子を学校へ迎えに行ったときハイウェイを通ったら、まぁそれはそれはひどい渋滞でした。

 

 

フィリピンでは、15日間に一度、給料日を定めるよう法律で決まっているので、

 

1ヵ月に2度の給料日があります。

 

多くのフィリピン人は、貯金をするという概念をもっていないので、

 

ある意味この法律は理にかなっていると思います。

 

給料日が月に一回だと、大変なことになるでしょう。

 

もらったお金をすぐに使ってしまい、次の月までが長すぎるからです。

 

 

そんなわけで、給料日の今日はどこへ行っても人が多いです。

 

ATMには長蛇の列ができます。

 

しかも今日は金曜日なので、もらった給料をにぎりしめ、

 

飲みに繰り出す人も多そうです。

 

 

ある日、うちのフィリピン人スタッフに「もらった給料はどうしてるの?」と聞いたことがあります。

 

するとみな同じことを言うんです。

 

「全額、親に渡します」

 

 

これ、フィリピンならではですね。

 

働き手は、家族を支えるために仕事をする。

 

家族を支えることが何よりも大切だと、幼少の頃から教え込まれるそうです。

 

そう教えられた子どもは、自分が親になるとそれを自分の子どもに教えます。

 

そうやって、フィリピンでは「家族を大切にする」という文化が根付いていってるんですね。

 

 

なので、「家族を支えるために働かなくては!」と考え、働く若者は素晴らしいですね。

 

とはいえ、誰もが好条件で働けるわけではなく、

 

多くの若者が最低賃金以下の過酷な条件で働いています。

 

手っ取り早く体を売って稼ぐ女性が多いのも納得です。

 

 

仕事の内容や種類について、カリパイが何かを言える立場ではありませんが、

 

自分のためではなく、「家族を支える」という目的のために、手を尽くす姿には感心します。

 

 

妻の兄弟連中は、そういう使命感をもっていないようで、

 

依然として何もせず毎日過ごしているようです。

 

親戚からも、かなり厳しいこといわれているようですが・・・。

 

まぁ、見守るしかないので、彼らのことは彼らで何とかしてもらうしかないでしょう。

 

こっちはこっちで、手一杯なので。

 

いつの日か「今日は給料日だ!」と、朝からソワソワする彼らの姿を見たいですね。

 

 

 

金曜なのでパーッと出掛けたいところですが、怪しげな天気。

 

今日はおとなしく家で子どもたちとゆっくりしますか。

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です