177 views

心のオアシスを探し求めて

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

 

「なじみの店」ってありますよね。

 

そこを訪れると、何となくホッとする、落ち着く店。

 

顔見知りの店員さん、

 

よく見る常連客。

 

 

仕事帰り、居酒屋のカウンターで、大将と話ながら飲んで、

 

家路につく。

 

 

いつもの席に着き、

 

いつものコーヒーを飲みながら、

 

読書の時間を楽しむ。

 

 

 

 

日本では簡単にできることですが、

 

ここフィリピンではどうかと。

 

 

というわけで、カリパイ、

 

心のオアシスともいうべき「なじみの店」探しを始めました。




 

まずはじめに断っておくこととして、

 

「なじみの店」はその人の家族構成や生活スタイルに起因するものと考えます。

 

独身の人、奥さんがいる人、子どもがいる人、などなど、

 

人ぞれぞれ、制約があったり、条件が異なったりと様々です。

 

 

今回は、

 

妻&小学生以下の子ども3人がいるカリパイのケースです。

 

 

このカリパイのケースですが、

 

けっこう制約があるんですよね~。

 

そりゃあそうですよ。

 

独身、独り身のように、

 

いつでも、どこへでも、というわけにはいきませんから。

ちょっとだけうらやましい・・・

 

ただし、

 

「結局、なじみの場所は家でした」みたいなオチはありませんのでご安心を。

 



 

さて、先日、些細なことがきっかけで、

 

妻とケンカになり、

 

「ちょっと外の風に当たってくるわ」的な感じで、

 

外出するチャンスが発生しました!

 

時間帯は、子どもたちを寝かせたあと、

 

午後9時過ぎ頃です。

 

 

それで、バイクで出掛ける気分ではなかったので、

 

歩いて近所を散策することに。

 

 

するとどうでしょう。

 

 

こんな看板を見つけました!

 

 

おぉ~これって日本の居酒屋においてあるやつじゃん!

 

 

 

はやる気持ちを抑えて、

 

店に入ってみることにしました。

 

 

店に入るといっても、

 

店は、ドアを開けて店内に入るタイプではなく、

 

そもそも入口もドアもありません。

 

カレンデリア(ローカル食堂)タイプの店構えです。

 

 

とりあえず、席に座ると、

 

店主がやって来ました。

 

 

店主:何にします?

 

カリパイ:レッドホースある?

 

店主:ダコ?ガマイ?

※ダコ:大きい ガマイ:小さい

 

カリパイ:とりあえず最初は小さいボトルで。

 

 

 

店内には、自分以外に先客が一人。

 

30代の男性がビールを飲んでいました。

 

店員は、店主一人のみ。

 

 

店主は、客に構うことなく、ギターを触っていた・・・。

 

 

 

最初のビール(500ml)を飲み終えたところで、

 

店主に声をかけてみました。

 

 

すると、カリパイが言葉を発する前に、

 

「もう一本ですか?」と、店主から声をかけてくれたんです。

 

 

おっ?

 

なかなか気が利くじゃないの。

 

 

ついでに、店の表に置いてあったキリンの看板について聞いてみました。

 

店主によると、

 

日本人の知り合いがいて、その人に譲ってもらったらしい。

 

 

カリパイ:へぇ~それはすごいね。自分も日本人だよ。

 

店主:もちろん知ってますよ、ダンナ。

 

 

 

おっと、日本人だってことバレてたか・・・

 

 

 

 

結局、500mlのレッドホースを2本あけたところで、

 

家に帰ることにしました。

 

お会計は、90ペソ。なかなか良心的な価格。

 

 

 

ちょっと気に入っちゃったかも、この店。

 

 

 

 

 

スマホを家に置いてきてしまったので、

 

店の様子を撮影することができませんでしたが、

 

店内はこぢんまりとしているけど、ゆっくりお酒を飲むには、

 

心地のいい場所でした。

 

 

お世辞にも、店は繁盛してそうもなく、

 

きっと店主が道楽でやっているっぽいですね~。

 

 

ローカル版ショットバーと居酒屋を足して2で割った感じの店。

 

シューマイやバーベキューなどの、つまみにできそうなものも置いてありましたよ。

 

 

 

この店で、何をするわけでもなく、

 

ただボーッとビールを飲んで、心を落ち着かせることができました。

 

うん、いい感じ。

 

 

そして、家に帰ってすぐ、妻に「ごめんね」と言いました。

 

 

 

今度は、妻を連れてこよう・・・。

 

 

 

心のオアシスを探す挑戦は、まだまだ続きますが、

 

とりあえず、一か所見つけることができたカリパイでした。

 

 

 

ランキング参加中
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です