556 views

スーパーのレジ待ちでアメリカ人がキレてました

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

 

今日は夕方から、スーパーへ買い物に行きました。

 

食料品やら、日用品です。

 

日曜日の夕方ということもあり、多くの人で賑わっていました。

 



 

多くの来客が予想されるこの時間帯にもかかわらず、

 

売り場のあちらこちらで、スタッフが商品の補充をするために、

 

通路を塞いで作業中。

 

まさに、大渋滞の道路と同じです。

 

 

大型のショッピングカートに、これでもかと商品を放り込んでいくフィリピン人客。

 

店内は、たちまち人だらけ。

 

 

カリパイ、やっとの思いで商品をかごに入れ、いざレジへ。

 

 

が、しかーし!

 

目の前には、受け入れたくない光景が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、30分待ち確定です・・・

 

予想していたこととは言え、やはり萎えます。

 

 

 

気を持ち直して、待っている間、自分のレジの様子を見ていました。

 

 

 

 

レジの店員さん、次から次へと押し寄せるお客に、

 

息つく暇もなく、顔を赤らめながら必死にレジと格闘中。

 

お客さんは、みなうんざり顔・・・。

 

 

自分の前の前のお客が、会計の段になって、

 

「お金が足りないから、これいらない、あれいらない」とやりだしました。

 

フィリピンではよくあるこの光景。

 

おかげで、レジの列はその長さを増すばかり・・・。

 

 

会計が済んだあと、ショッピングカートはその辺へ放置。

 

一台だけ、自分だけならいいでしょ的な感覚で、

 

みながそうするので、たちまち通行不可能状態。

 

 

そりゃあ時間がかかるわけです。

 

効率面・マナー面、店側お客側の双方が???ですから。

 

 

 

 

二つ左隣のレジでは、アメリカ人カップルが並んでいました。

 

声が届かないため、会話の内容は推測ですが、

 

何やら彼氏がブチ切れている模様。

 

 

それで彼女は「まぁまぁ落ち着いて」的な感じで、スィートに彼氏をなだめていました。

 

収まりがつかない彼氏、何度もレジの店員に、

 

腕時計を指さし、身振り手振りを交えながら何やら言ってました。

 

 

 

仮にですよ。

 

あるスーパーだけが、いつもものすごく遅くて、

 

時間がかかるのであれば、もうそのスーパーへは行きません。

 

それが解決策です。非常にシンプル。

 

 

ですが、ですが、

 

どこのスーパーへ行っても、同じなんですね~。

 

本当に効率が悪すぎる。店もお客も。

 

 

スーパーには、ズラーッとレジが並んでます。

 

でも、実際にすべてのレジが稼働している場面を見たことがありません。

 

だいたい半分近くは、閉鎖中。

 

 

スタッフの人件費の問題もあるでしょうが、

 

店の規模と、想定しているお客の数があってないんですかね。

 

 

どんなにお客を待たせても、

 

次また来てくれるから問題なーし!

 

というメッセージですか?

 

 

あの待ち時間、本当に時間の無駄です。

 

 

空いている時間帯に買い物に行けばいいと思うかもしれませんが、

 

残念ながら、空いている時間帯はないです。

 

厳密に言えば、お客が少ない時間帯はあります。

 

でも、その時間帯は、稼動しているレジの台数も少ないんですね~。

 

 

この状況は改善されないでしょう。

 

なので、付き合っていくしかありません。

 

 

 

レジ待ちの無駄時間を、何とか有効活用したいと思うカリパイ。

 

イライラしながら待っていても心身の健康によくないですから。

 

やはり心穏やかに読書ですかね。kindle で。

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です