377 views

○○を見るとトラブルを起こすのは得策じゃないと痛感します

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

今日は、銃社会フィリピンの話。

 

そうです。タイトルの○○に入る言葉は、「銃」です。

 

 

ご存知の通り、フィリピンは、許可があれば銃を所有することができます。

 

また、無許可で銃を所有している人も多く、

 

改造銃や押収した銃の横流しなどによる数も合わせれば、

 

かなり多くの人が銃を持っていると言えるでしょう。

 



 

絶対に避けたい「無用な口論」

 

車を所有している人は、ほぼ間違いなく、銃も所有しています。

 

道中、割り込んだ、割り込まれたといったいざこざから、

 

銃を発砲する人が後を絶ちません。

 

 

日本だと、車を止めて口論になっても、

 

せいぜい殴り合いで済むでしょう。

 

でも、ここフィリピンでは、銃が出てきます。

 

 

その場では瞬間的に腹が立ち、気持ちも大きくなって、

 

相手とやり合うガッツもあるかもしれませんが、

 

冷静に考えてください。

 

もしも相手が銃を持っていたら?

 

 

しかも、フィリピンでの事件をみていると、

 

いとも簡単に引き金を引いているようです。

 

銃によって危害を加えることに対してのハードルが、ものすごく低い気がします。

 

「イラッ」ときて「バン!」

 

一瞬です。

 

 

どこへ行っても目にする「銃」

 

モールや銀行の入口には、ショットガンを持ったガードがいます。

 

はじめて見たときは、ビビりました・・・。

 

 

 

今日も子どもを学校へ送る途中、

 

何気なく前を走っているバイクの運転手を見ると、

 

腰のベルトに銃が収められていました。

 

 

うぉ~おっかねぇ~~~

 

 

 

 

日常生活で、銃を目にする機会があるフィリピン。

 

改めて、ここは銃社会なんだと実感します。

 

 

 

まとめ

 

簡単に引き金を引いてしまうフィリピン人。

 

そんな中で生活していて、

 

気軽に外で口論なんかするもんじゃありません!!

 

 

あっさり「ごめんね」っていえば、丸く収まるのに、

 

ヘンな気を起こしてイキっても、

 

あの世行きになってしまったら意味がありませんから。

 

 

 

腹が立っても、突っかかるな!

 

ここは銃社会だぞ

 

 

 

 

8月の月初めから、自分への戒めとして本記事をまとめました。

 

みなさんも、フィリピンで過ごされる際は、

 

くれぐれも気を付けてくださいね。

 

 

ランキング参加中
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です