コメント 0

「平成最後の夏」って響きがあまりピンとこない問題

こんにちは。

フィリピンでは定番のお菓子「Oishi(Prawn Crackers)」を食べ過ぎて、本物の「かっぱえびせん」の味が思い出せない。

どうも!フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

ツイッターのタイムラインでたまに目にする言葉。

  • 平成最後の夏
  • 平成最後の夏休み

 

確かに!

 

30年の歴史に幕を下ろす平成+夏=平成最後の夏

 

言われてみれば、その通りですよね。

 

フィリピンで暮らしているので日本の様子はわかりませんが、きっとこの「平成最後の夏」というパワーワードを使った宣伝合戦が繰り広げられているんでしょうね。

 

  • 平成最後の夏!○○海水浴場へ出かけよう!
  • 平成最後の夏に美味しいウナギを食べよう!
  • 平成最後の夏に恋しませんか?
  • 平成最後の夏はビヤガーデンへ行こう!
  • 平成最後の夏にビックセール開催中!

 

なんて感じですかね笑。

 

もし、このような宣伝文句が使われていないのなら、使えばいいのになぁと思いますけどね。

 

日本人気質的には、こういう「限定」のかかった表現は受けがいいでしょうから。

 

 

「平成」という表現から遠ざかった生活

 

日本にいた頃は、日付を「平成○○年」って書く機会が多かったので、当然ですがその年は平成何年なのか把握していました。

 

ですが、フィリピンに来てからは、日付はすべて西暦表記。

 

そうなると、しばらくしてこのような問題が発生します。

 

あれ?

今平成何年だっけ??

 

 

これ、海外暮らしをしている人あるあるじゃないかなぁ~。

 

ましてや、平成を昭和に換算するのって完全に無理ゲーですよ。

 

計算すれば出てきますが、とっさには出てきません。

 

 

「夏」が限定的なものではない環境

 

春夏秋冬。

 

季節ごとにそれぞれの良さ、楽しみがある日本では、「その季節ならでは」という感覚がありますよね。

 

しかしここフィリピンでは、基本的には「年中夏」みたいな感じです。

 

厳密に言えば「暑い時期」「ちょっと涼しい時期」というものはありますが、体感的にはやはり「一年中夏」と言った方がしっくりきます。

 

つまり!

 

「夏が来る前に○○しなきゃ」とか「夏ならではの遊びをするぞ」みたいな「限定感」のある行動は必要ないです。

 

なぜなら、それらは「いつでも」できますから。

 

海へ行く?

 

いつでも行けますよ。一年中泳げますよー。

 

夏のファッション?

 

年中そんな格好してます笑。

 

 

まとめ

 

毎日の生活の中で、「平成」という言葉から離れてしまっていること。

 

そして、年中夏を思わせるような気温の中で生活していること。

 

これらのことから、「平成最後の夏」という響きにいまいちピンとこないんですよね。

 

そんなことを平成最後の7月の最終日に考えてみました。

 

 

昭和の半分にも満たなかった平成の時代。

 

しかし、この30年間に日本は、いや世界は大きく変化したと思います。

 

次の時代はどんな世の中になるのか。

 

ちょいと楽しみですね。

 

んじゃまた!バイバイ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

あわせて読みたい

フィリピン情報満載!
伝説のKalipay

グルメ・観光・ショッピング・バイク等、フィリピン・セブから役立ち情報をお届け中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です