219 views

今、決断の時・・・

先日、友人の結婚式に招待されたので、妻と二人で参加させてもらった。

詳しい内容はこちらから

【実録レポート24時】フィリピン・セブで結婚式に潜入!

 

スポンサーリンク


妻といっても、実は、まだ籍は入れていない。

理由はまぁいろいろだ。

 

本編の記事にも書いたが、フィリピンでは結婚(入籍)すると、事実上、離婚はできない。できないというより、非常に難しいと言った方がいいだろう。

なので、多くのフィリピン人カップルは、入籍せずに家族を形成しているそうだ。

 

そこで問題になるのが、重婚。

 

例えば、Aさんが一度結婚した。しかし、不仲から別れる。この別れは法律上、離婚にはならず、ただ単に別居している状態となる。籍はそのままだ。

 

そして月日は流れ、Aさんは新しいパートナーと暮らし始める。そこで子どもをもうけ、新たな家族が誕生する。しかし、前のパートナーとは依然として入籍状態が続いている。

 

これを繰り返すうちに、籍がとうなっているか、気にしなくなるそうだ。

 

この新たなパートナーと、結婚しようとして、実は既に既婚状態ですってことがよくあるそうだ。

 

年のかなり離れた日本人とフィリピーナカップルなんかは、こういうケースがよくあると思う。なので、パートナーの素性、家族構成などは十分な時間を掛けて調べるべきだろう。

 

 

では、話を戻して、自分の場合はどうなのか。

 

明日起きたら、妻に聞いてみようかな笑

 

 

友人の結婚式の帰り道、

「ねぇ、私、ウエディングドレスはこうこうこういうデザインがいいな」なんて話になるもんだから、ビビった。

その場は「なるほどね」と何となく話を濁したが・・・。

 

こういう話って、順序っていうものがあって、何というか男からする話というか・・・

などなど、いろいろ考えさせられた帰り道だった。

 

とにかく、いつかは何かしら決断をしなければならないと思うので、その時が来たらなるようになっているだろう。

 

日本に連れて行って、日本で暮らそうとは今のところ考えていないので、その日はそう遠くない未来に訪れそうな気がしている。

 

やば。今日の記事、妻に翻訳して教えられないわ・・・

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です