316 views

【ハプニング】みんな必死に生きてます

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

今日は、実家から送ってもらった荷物を引き取るために、

 

郵便局へ行ってきた。

 

 

フィリピンでは、日本のように家まで荷物を配達してくれない。

 

個人的に頼めば(チップ付きで)可能であるが、

 

基本的には、郵便局まで自分で取りに行く必要がある。

 

スポンサーリンク


 

ここでやっかいなのが、いつ郵便局に荷物が届いたかが不明確という点だ。

 

EMS(国際スピード郵便)の場合、サイトから配送状況を確認することができるのだが、

 

マニラに到着したところまでしか把握できない。

 

 

通常、マニラまでは非常にスムーズで、

 

日本からマニラまで、約2,3日で荷物は運ばれてくる。

 

 

しかし、マニラからセブまでが長い。

 

距離にして、飛行機で1時間もかからないので、

 

平気で10日程かかる場合がある。

 

最悪の場合、数ヶ月ということもあるそうだ。

※特に荷物が増えるクリスマスシーズン

 

 

今回も、荷物が届いたかどうか、

 

ワクワク・そしてドキドキしながら郵便局へ向かった。

 

 

で、ここからが今日の本題。

 

その道中、信じられないものを見てしまったのだ。

 

昔やってた、ガチンコファイトクラブのナレーション風に言うならば、

 

このあと、行く先にとんでもない光景が!!

 

と叫んでもいいぐらい。

 

 

 

バイクでハイウェイを走っていると、

 

目の前に乗客をいっぱい乗せたジプニーが。

 

その入口付近に、一人の男性がジプニーにしがみついていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むむ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいおい!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全に出てますやん!!

 

 

ジプニーからはみ出すのは、自分の体だけにしときいや~~

 

 

 

 

その後、彼が無事に目的地までたどり着けたか、

 

彼自身、出てしまっていることに気付いていたのかが非常に気になった。

 

 

 

頭隠して尻隠さず

 

みんな必死に生きてマス!

 

 

 

 

そして、荷物は郵便局にまだ届いていないというオチまで・・・

 

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です