552 views

引越した結果、意外な人とご近所さんになっていた

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

最近、早起きを始め、

 

昼過ぎには、猛烈な睡魔に襲われているカリパイです。

 

今日は、「偶然」についての話。

 

スポンサーリンク


 

 

昨夜、近所のセブンイレブンにビールを買いに行った時のこと。

 

そのセブンイレブンは、新居からバイクで1分の所にあり、

 

ちょくちょく利用している。

 

 

買い物を済ませ、家に戻ろうと走り出して間もなく、

 

前方に、両手を広げ道路を塞いでいる集団がいるではないか。

 

時間帯は、午後11時頃。

 

やばぁ~明らかにカリパイを止めようとしてるじゃん・・・ピンチ!

 

 

とても強行突破できそうな雰囲気ではなかったので、

 

その集団の前で停車。

 

 

薄暗い通りにいる集団の中から、一人の男が歩み寄ってきた。

 

 

 

ハァ~イ、サー! 元気だった?

 

 

 

え~っっ!?

 

 

 

いつも世話になっているバイクパーツショップの兄ちゃんやん!!

 

 

↓この人が道を遮ってた笑

 

バイクパーツショップの話はこちらから

セブのバイクショップでカスタマイズ【第3弾】

 

 

挨拶もそこそこに、グラスに入ったビールを差し出すお兄ちゃん。

 

 

タガ~~イ!!

 

 

突如として、プチ飲み会が始まってしまった。

 

(やべ~早く戻らないと妻に怪しまれる・・・)

 

とりあえず、挨拶代わりに一杯だけビールを飲み、彼がなぜここにいるのかを尋ねてみた。

 

 

 

だって、そこ、ボスの家だから。

 

 

そう言って、彼が指さした先には、まぁ立派な豪邸がそびえ立っていた。

 

 

すると、家の中からバイクパーツショップのオーナーが笑顔で現れた。

 

 

やぁ~フレンド! 久しぶりだね~!

 

(久しぶりって、先月会ったばかりだけど・・・)

 

 

オーナー:この辺りに住んでるの?

 

カリパイ:先週、この近くに引っ越してきたばかりです。

 

オーナー:はは~それはいいニュースだ。いつでも、家に来て飲むといい。

 

カリパイ:あ、あざっす!

 

 

かくして、行きつけのバイクパーツショップのオーナーと、

 

ご近所さんになってしまったカリパイであった。

 

(やべ、他の店に行けない・・・)

 

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です