298 views

【検証】かに玉を作って妻と娘に食べさせてみた

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

どうも、自称グルメ評論家のカリパイです。(ウソ)

 

 

先日、実家からの仕送りの中に、いろいろな日本食材が入っていたのだが、

 

今日はその中の「永谷園 広東風 かに玉」を作って、

 

妻と娘に食べさせた結果について、シェアしてみたいと思う。

 

スポンサーリンク


 

検証1 妻は「かに玉」を知っていたか?

妻「かに玉?なんじゃそりゃ??」

 

 

検証2 娘は「かに玉」を知っていたか?

娘「$#○%Y&△H&(O!”F%」

 

 

検証3 妻は「かに玉」を食べてどう思ったか?

妻「う~ん、玉子は美味しいけど、かかっているソースが・・・ソースは少しでいいよ」

 

 

検証4 娘は「かに玉」を食べてどう思ったか?

娘「モアーモアー!!(more more!!)」

 

 

検証5 「かに玉」は我が家の食卓のレパートリーに加えられるか?

妻「50%」

娘「$#○%Y&△H&(O!”F%」

カリパイ「100%」

 

 

まとめ

永谷園の名誉のために一言付け加えておくと、

 

カリパイはこの「かに玉」、大大大好きだ。

 

何と言っても、タマゴさえ用意すれば、簡単お手軽に調理できてしまう便利さがいい。

 

また、アンの味も絶妙で、

 

実際、今日、カリパイは久しぶりの「かに玉」で、ご飯を4回もお代わりしてしまった。

 

 

 

妻にとっては、今日、人生で初めて「かに玉」を食べたわけで、

 

その味に関しても、初体験だ。

 

違和感があるのは当然の話で、妻を責めるつもりはさらさら無い。

 

 

以前、麦茶を飲ませたときも、

 

最初は、「何これ?こんなのお茶じゃない」と言っていたが、

 

今では、大のお気に入りとなってしまった。

 

 

フィリピン人のこの優れた適応能力には、

 

ちょくちょく驚かされる。

 

日本語の習得も、かなり早い。

 

 

 

次回は、リアル手作りの「かに玉」で、妻にリベンジしてみたい。

 

あんが少し塩辛いと言っていたので、

 

その辺りの味加減が肝となりそうだ。

 

 

娘はタマゴが大好きなので、

 

玉子料理は何を食べさせても「モアーモアー!!」と叫び、がっついてくれる。

 

 

カリパイのシェフ修行はまだまだ続く・・・

 

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です