185 views

無事終了した娘の誕生日会を振り返って

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

昨日は娘の誕生日会。

 

朝から買い出し、会場のセッティング、料理の仕込み等で、慌ただしい一日となり、

 

ブログの更新もできなかった・・・無念。

 

スポンサーリンク


 

フィリピン人をパートナーに持つ人には、「そうそう」と納得してもらえることだが、

 

この誕生日会が、実に厄介だ。

 

金がかかって仕方がない。

 

 

外面を非常に大事にするフィリピン人気質。

 

ここには、「身の丈に合った」という概念がない。

 

おそらく、「無い袖は振れない」という言葉も理解できないだろう。

 

なぜなら、物事はすべて自分の都合のいいように進むと信じているし、

 

自分のやりたいようにやれると確信している。

 

宗教の考え方に寄るところが大きいと思うが、どうなんだろうか。

 

 

明日娘に飲ませるミルクを買うか、ゲストにもう一品料理を振る舞うか。

 

即答で後者を選択してしまう。

 

じゃあ、明日のミルクはどうやって買うのか?と理詰めで追求すると、

 

知らないと言って逃げる・・・

 

I don’t know

 

便利な言葉だ。

 

 

自分は、絶対に I don’t know と言わないようにしている。

 

その一言で、すべてを片づけようとする考え方が気にくわない。

 

自分は割と理屈っぽく物事を考える方なので、

 

議論を放棄し、問題を棚上げする相手に腹が立つ。

 

 

 

と、そんなこんなで、何とかこぎ着けた誕生日会。

 

参加者、多数で、多いに盛り上がった。

 

 

料理はすべてカリパイが作り、

 

妻の希望で、日本食を中心に準備した。

 

特に、カレーライスとチャーハンが人気だった。

 

まぁ、この点は、自分も料理作りが好きなので、

 

素直に嬉しい気持ちと達成感があった。

 

 

客人のもてなし、皿洗い、買い出しを、パーティーと同時進行でさばいていった。

 

招待したメンバーは、妻が管理していたので、

 

自分は、誰が来るのかも分かっていなかったのだが、

 

当日、明らかに「誰あんた?」っていう奴が何人もいた。

 

親戚の○○の彼女だとか、知人の友人とか。

 

知人の友人って何だ??

 

奴らは、タダで飯が食えて酒も飲めるから来ているのだろう。

 

しかも手ぶらで。

 

こういう厚かましさ、逆に見習いたいものだ。

 

あそこまで堂々とされると、腹が立つ気力も失せる。

 

 

 

日本では「生きる力を育む」ことが教育の最重要課題と言われている。

 

ここでの「生きる力」とは、

 

「自ら問題を解決し、たくましく世の中を生き抜く力」のことを言う。

 

 

しかし、フィリピン人を見ていると、別の意味での「生きる力」が備わっていると気付いた。

 

「他力本願で物事を解決し、都合のいいことだけを好きなようにして、世の中を生き抜く力」

 

とでも言えるのではないか。

 

 

教育に関して議論するつもりはないが、

 

どちらの方が正しいというようなレベルの話ではないだろう。

 

 

縁があってここフィリピンで生活をすることになったカリパイ。

 

娘には、本当の意味での「生きる力」を付けていってやりたいし、

 

それが自分の責務だと、改めて心に誓った誕生日会だった。

 

 

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です