239 views

フィリピンの小学校、保護者会に参加してきました

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

3連休明けの今日、学校で保護者会があるということで出掛けてきた。

 

全教室、同じ時刻に一斉に行われるため、妻と手分けして参加することに。

 

妻は小2の長男の教室、カリパイは幼稚園の長女の教室へ。

 

スポンサーリンク


 

毎日、学校へ送り迎えをしているので、

 

担任の先生も自分の顔は覚えてくれている。

 

 

しかし、問題発生。

 

到着したときには、すでに教室内は超満員。

 

 

仕方なく、場外席に着席。

 

 

問題その二。

 

先生の説明がすべてビサヤ!

 

サッパリではないが細かいところまで理解するのは難しい~

 

 

どうやら、今日のメイントピックは、保護者役員の選出のようだ。

 

日本で言うところの、PTAの学級役員だろう。

 

 

決め方がまた面白い。

 

先生が「はい、この役、誰かやってくれませんか?」と投げかけると、

 

「○○さんが適任です」と速攻で他人を指名する人が。

 

でもって、あっさり決まってしまった。

 

 

な、何だ、このスピード感は。

 

 

 

順調に役が決まっていき、最後の2つとなった。

 

ここに来て、さっきまでと教室の空気が一変。

 

先生が問いかけているにもかかわらず、誰も反応せず。

 

さっきまでの他者推薦もなし。

 

 

1分経過・・・

 

3分経過・・・

 

5分経過・・・

 

 

我々日本人なら、この沈黙に耐えられず、

 

「私がやります」と思わず誰かが言いそうな状況。

 

しかし、みな、携帯をいじくったり、隣の人と雑談したりして、

 

時間が過ぎていくことに、一切興味がないかのようだ。

 

 

その中の一人が、じーっとカリパイの方を見ていた。

 

そして、隣の人をツンツンつつき、何やら小声でコソコソ話をしている。

 

 

おい、おい、やめてくれよ。

 

まさかカリパイを推薦しようとしてるんじゃないだろうな?

 

 

すると、先生がこっちに近づいてきた。

 

 

げげ!マジっすか!!

 

 

正直な話、ちょっとだけやってみたいなぁ~という気持ちもあったので、

 

まぁ、なかなか決まらないのなら受けてもいいかなと思っていると、

 

先生が、カリパイの目の前の父親に、

 

「あなたがやりなさい!」と一言。

 

 

うぉ~超~上から目線!

 

 

かくして、カリパイの学級委員への挑戦は、

 

またの機会に持ち越されることとなった。

 

それまでにビサヤの腕前を磨いておかねば・・・

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です