416 views

セブの映画館で『Geostorm(ジオストーム)』を観てきたよ【ネタバレ注意】日本公開2018年1月19日

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

昨日は子どもたちを実家に預けて、

 

久しぶりに妻と二人きりでデートしてきました。

 

デートらしいことしようということで映画を観てきましたよ。

 

『Geostorm(ジオストーム)』という映画です。

 

日本では2018年1月19日に公開予定となっています。

 

ちなみに全米公開日が2017年10月20日なので、

 

ここフィリピンでは、アメリカよりも早く公開したことになります。(10月12日公開)

 

最後の方にネタバレがありますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

「知りたくない!」というかたは、

 

【ここからネタバレです】の箇所は読み飛ばしてくださいね。




 

あらすじ

 

近未来。大規模な自然災害がひんぱんに起こるようになったため、世界中が協力し、天候をコントロールすることができるシステム「気象宇宙ステーション」を開発した。

ところが、運用から2年後、ウィルスが原因で宇宙ステーションが暴走し、各地で異常気象が起きてしまう。

巨大災害が同時多発的に起きる「ジオストーム(地球破壊災害)」を食い止めるため、宇宙ステーションの開発者ジェイク(ジェラルド・バトラー)とその弟マックス(ジム・スタージェス)が立ち上がる!

地球の運命はいかに。

 

 

 

作品について

 

本作では、宇宙ステーションの開発者ジェイク役として、ジェラルド・バトラーが出演しています。

 

 

彼の代表作としては、筋肉美を誇る男たちの熱き戦いを描いた作品『300(スリーハンドレッド)』が有名でしょう。

 

 

 

また、アメリカ大統領役で、アンディ・ガルシアが出演しています。

テリー・ベネディクト役で出演した『オーシャンズ』シリーズが有名ですね。

 

 

監督は、『インデペンデンス・デイ』シリーズに携わったディーン・デヴリンが務めました。

 

本作品は、いわゆる「ディザスター映画」です。

 

ディザスター映画とは、ただ単に自然災害を描いただけではなく、その影響によって起こる社会の混乱や、崩壊を描いたものです。

 

 

というわけで、予告編をご覧ください。

 

 

 

 

 

どうですか、このド迫力!!

 

実際に映画館で観てきましたが、最初から最後まであっという間でした。

 

 

 

 

注意!!読みたくない方は、飛ばしてください!!


【ここからネタバレです】

 

この作品、正直に言って、どこかで見たことあるような気がしました。

これらを足して5で割ったような作品ですかね。

 

 

設定もかなり無理があるなぁと感じました。

 

天候をコントロールするために各国の協力のもと、

 

宇宙ステーションを作ったのですが、

 

これ、ハッキリ言って核兵器よりヤバいですよ。

 

宇宙ステーションで働く職員にスパイがいたら、

 

あっという間に国を滅ぼすことができますから。

 

管理が大変だと思いますがどうでしょうか。

 

 

ジェイクと娘が、別れ際に話し合う場面は、

 

もう完全に『アルマゲドン』か『インターステラー』ですよ。

 

「帰ってくるって約束ね」

 

この時点で、映画を観ている人は、

 

「あぁこの映画は悲しい結末になるのか・・・」と思うでしょう。

 

「自己犠牲で、地球を救う」みたいな。

 

でも安心してください。

 

この映画では、完全にハッピーエンドで幕を閉じますから。

 

 

しかし、まぁ最後までドキドキですよ。

 

宇宙空間って、緊張感というか、独特の恐怖感がありますよね。

 

宇宙船外に放り出されたら、もう即アウトみたいな。

 

 

そうそう、東京も大ダメージを受けてしまいます。

 

ちなみに、フィリピンは出てきませんでしたね~。

 

【ネタバレはここまで】


 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ネタバレ部分は、もっと突っ込んで書いてみようかとも思いましたが、

 

あんまり書くと、どこかから怒られるのかな?

 

どうしても詳しく知りたい方は、メッセージください。

 

 

 

ちなみに、フィリピンでの映画上映は、

 

字幕なしのガチンコ英語バージョンです。

 

会話の細かい部分までは理解できませんでしたが、

 

映像だけでも、十分理解できるわかりやすい映画です。

 

 

フィリピンに滞在中の方は、ぜひぜひ映画館で観て欲しいですね。

 

大スクリーンだと、迫力満点ですから。

 

 

日本での公開は2018年1月19日ですので、

 

日本のみなさんは、もう少し先ですね。

 

 

映画の後、妻に感想を聞いたのですが、

 

「ウルヴァリンってもう出てこないの?」という謎の返事が。

 

一瞬、???となりましたが、謎が解けました。

 

 

本編の前に流れた予告で『ジャスティスリーグ』があったのですが、

 

その流れで、DC作品とマーベル作品がゴチャゴチャになっていたのかなと。

 

 

ちなみに、『ジャスティスリーグ』は、

 

フィリピンでは、2017年11月16日に公開です。

 

あと1ヵ月ですね。超楽しみです。

 

日本では2017年11月23日公開ですよ!

 

 

 

ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です