コメント 0

セブの映画館で『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を観てきたよ※ちょいネタバレ【日本公開2018年8月3日】

こんにちは。

子どもの頃「汚職事件(おしょくじけん)」を「お食事券(おしょくじけん)」と思ってた。

どうもフィリピン生活満喫中の「セブのイーサン・ハント」ことカリパイです。

 

本日2018年7月25日。

 

ミッション:インポッシブル/フォールアウト』がフィリピンで公開となりましたー!!

 

英語タイトル:Mission: Impossible-Fallout

 

「ミッション:インポッシブルシリーズ」の第6作目となったこの映画。

 

大好きな方も多いでしょう。何を隠そう、カリパイもこのシリーズの大ファンです。

 

日本公開は2018年8月3日ですね。

 

日本の皆さん、公開が待ち遠しいですか?ですよね~。

 

フィリピン・セブの映画館で皆さんより一足先に観てきたカリパイが、ネタバレしない程度(かるーい感じのネタバレは有り)に感想なんかを書いちゃいますね。

 

ちなみにフィリピンの映画館はこんな感じです。

 

こうやって見ると、結構きれいですね笑。

 

写真には写っていませんが、平日の午後にもかかわらず、結構お客さんいましたね。

 

といっても100人ぐらいですが。

 

今日封切りだったのでもう少し混んでいるかと思ってましたが、そうでもなかったです。

 

入場料は220ペソ(約440円)でした。

 

 

作品情報

 

それではまず作品に関する情報から。

 

監督は前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に引き続き、クリストファー・マッカリー。

 

 

主演はもちろんトム・クルーズ。

 

そして今回は個人的に「おぉ!マジっすか!」と思わず声が出てしまったポイント。

 

あのヘンリー・カヴィルが重要な役どころで出ているではありませんか。

 

ヘンリー・カヴィルといえば『マン・オブ・スティール』でスーパーマン役を演じた俳優ですよ奥さん!

 

created by Rinker
¥1,500 (2018/11/15 20:26:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

最近だと『ジャスティスリーグ』で活躍してましたよね。

 

created by Rinker
¥399 (2018/11/15 20:26:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

彼が作品中、どんな役回りなのか??

 

めちゃくちゃ気になりますよね-。

 

この点については後で少しだけ触れたいと思います。

 

 

あらすじ

 

最初に謝っておきます。

 

フィリピンの映画館では、字幕がありませーん!!

 

ガチンコ英語一本勝負なので、解釈違いがあったらゴメンナサイ!!

 

 

IMFのエージェントであるイーサン・ハントと彼のチームは、盗まれたプルトニウムを回収するミッションを行っていた。

 

しかーし!ミッション失敗!

 

でもって、もう一度プルトニウムを回収しようとするが、イーサンのことを信用していないCIAが監視役として凄腕エージェントであるウォーカー(ヘンリー・カヴィル)を同行させる。

 

ここから、もう大変。

 

IMF、CIA、MI6、テロ組織、闇の組織が複雑に絡み合い、どんでん返しのオンパレードを繰り広げる。

 

果たしてイーサンたちはプルトニウムを奪還し、複数都市を狙った同時核爆発を防ぐことができるのか!!

 

って感じです。(たぶんね笑)

 

 

感想みたいなこと

 

はっきり言います。

 

トム・クルーズのアクションが、めちゃくちゃ激しくなっている!

 

おいおい、もう確か56歳だよね?

 

前情報によると、トム・クルーズは今回の作品で、スタントをほとんど使わず自分で演じちゃってるとか。

 

激しい格闘!

バイクで逆走!

ビルからビルへ大ジャンプ!

ヘリコプターの操縦!

ヘリコプターから転落?

 

もうね。やり過ぎだって。

 

トム・クルーズの体が心配になっちゃいますよぉ・・・。

 

 

そしてそして、今回カリパイが大注目のヘンリー・カヴィル(スーパーマン役の人)!

 

彼はCIAのエージェントで、ハントたちの監視役としてミッションに同行するんだけど、やっぱり存在感がデカいね~。

 

ちょいネタバレ含みますが、彼は最終的にハントと戦うことになります。

 

勝つのはどっちかって?

 

そりゃあもう、当然ですがスーパーマンに決まってるじゃないですかって、一応ボケてみました笑。

 

できたら敵になるんじゃなくて、ハントチームの一員になってほしかったなぁ。

 

 

それから、今作品では美女にも注目ですよ。

 

今回は3人の美女が登場します。

  • イルザ役のレベッカ・ファーガソン
  • ホワイト役のヴァネッサ・カービー
  • ジュリア役のミシェル・モナハン

 

レベッカは前作に引き続き登場となります。

カリパイ的には超タイプですね~って何言ってんですか!

 

 

ヴァネッサは今回新しく加わった女優さんです。

 

彼女の役「ホワイト」がいろんな意味でストーリーのカギを握っているんですよ。

 

 

最後は、ミシェル。

 

彼女は第3作目で「イーサンの妻」になったわけですが、その後4作目ではほんの少しだけ、5作目では登場しませんでした。

 

今回、復活となりました。が、彼女の身に思わぬことが!

 

この部分、個人的には「うまく話をもってったな」と感心しました。

 

別の言い方をすると、そうきたか!みたいな。

 

 

とまぁこんなわけで、総じて述べるならば「スパイ要素がなくなった超ド級のアクション映画」って感じです。

 

トム・クルーズファンは間違いなく大満足。

 

今回はお笑いの要素はあんまりなかったかな。

 

それより、ハラハラドキドキの連続です。

 

いやぁ~面白かった。

 

 

まとめ

 

日本では来週の金曜日に公開ですね。

 

アクション映画なので、映画館で観ると迫力があると思います。

 

最後に、トム・クルーズへひと言。

 

あなたはいつまでカッコいい男でい続けるんだ!

最高だよまったく!

 

んじゃまた!バイバイ!

ランキング参加中!!
↓バナークリックで順位が上がります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



カリパイ
「カリパイを応援したい!」という方は要チェック!
polca(ポルカ)を使ってカリパイを支援できます。
詳細は→こちら←から

あわせて読みたい

フィリピン情報満載!
伝説のKalipay

グルメ・観光・ショッピング・バイク等、フィリピン・セブから役立ち情報をお届け中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です