68 views

【中年の星】中日・岩瀬投手 歴代単独1位の950試合登板&通算404セーブ達成!

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

野球に興味のない人、ごめんなさい。

 

今日は日本プロ野球界において、とんでもない記録が誕生したので、

 

そのことについて触れてみたいと思います。

 



 

 

歴代単独1位の950試合登板&通算404セーブ達成!

 

 

中日ドラゴンズの岩瀬投手が、本日行われた読売ジャイアンツ戦にて、

 

元近鉄の米田哲也氏(79)を抜いて歴代単独1位となる、950試合登板を達成しました。

 

しかも、9回裏、セーブがつく場面での登板で、通算404セーブも記録。

 

こちらも自身がもつ日本記録を更新したことになります。

 

 

 

 

ネットの反応

 

 

おめでとうございます。

次は1000試合目標に頑張って欲しいです。

 

 

 

 

投手で抑え中継ぎ等で950試合。とんでもないメンタルです。おめでとうございます。

 

 

 

 

岩瀬、おめでとう!

谷元が加わって、岩瀬をクローザーにして良いと思う。田島は中継ぎで。

 

 

 

 

この記録は球史に残る、この先誰にも破られない大記録ですね

 

 

 

 

おめでとうございます。タイ記録を白星で、新記録をセーブで、すんばらしいよ岩瀬投手。

 

 

 

 

 

 

カリパイの反応

 

感動した!!

 

 

 

 

 

結果がすべての厳しいプロ野球の世界で、

 

950試合も登板した岩瀬投手。

 

きっと、思い出したくないツラい試合も数多くあるでしょう。

 

さまざまなプレッシャーがある中、

 

抑えて当然という中で、当たり前の顔をして試合を締めくくる。

 

 

肉体的なタフさも当然のことながら、

 

メンタルのタフさがスバ抜けているからこその結果だと思います。

 

 

近年は、思うような結果が出ず、

 

本人は引退も考えていたとか。

 

 

 

 

いや~カッコいい。

 

 

自分が尊敬するプロスポーツ選手がまた一人増えました。

 

岩瀬仁紀投手。

 

 

もうだれも彼の記録を超えることはできないでしょう。

 

 

記録は塗りかえられるためにある

 

 

そう言われることもありますが、この記録は無理です。

 

 

 

 

 

これからもまだまだ数字を刻み続ける岩瀬投手。

 

一人の偉大な日本人として、

 

これからも応援したいです。

 

 

岩瀬投手、本当におめでとうございます。

 

 

 

ランキング参加中
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です