109 views

10点差をひっくり返されたプロ野球選手の気持ちって・・・

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

フィリピンで暮らすカリパイ。

 

何を隠そう大のプロ野球ファンでございます。

 

ひいきのチームはもちろんありますが、ここではあえて伏せておきます。

 

当然のことながら、テレビで野球中継など観ることができないので、

 

現在は、一球速報でたま~にチェックする程度です。

 



 

 

ですが、ですが!

 

昨日の試合結果を見てビックリたまげたわけですよ。

 

 

東京ヤクルトスワローズ VS 中日ドラゴンズの試合。

 

7回表まで、10対0でドラゴンズが勝っていたのですが、

 

終わってみれば11対10でスワローズの勝ち!!

 

8回の裏に一挙8点をとって同点とし、延長10回の裏、大松選手のサヨナラホームラン。

 

 

当然この試合、スワローズファンにとっては、

 

まさに奇跡的な勝利ですし、

 

ドラゴンズファンにとっては、

 

悪夢としか言えないでしょう。

 

 

ファンが一喜一憂する分には、何も言うことはありません。

 

だってファンですから。好きなチームを応援するのは個人の勝手です。

 

 

 

カリパイが気になったのが、

 

10点差をひっくり返されて負けたドラゴンズの選手・コーチ・監督たちの気持ちです。

 

 

彼らは、この結果をどう受け止めたのでしょうか?

 

 

素人目線で考えてもですよ、

 

まさか10点差をひっくり返されるなんて思うわけないじゃないですか。

 

プロ野球選手でも、そういった「油断」ってあるんですかね?

 

 

試合後、ボッコボコに野次られ球場を去るとき、

 

どんな気持ちだったのかなぁ~って。

 

 

悔しい?

 

情けない?

 

別にどうってことはない、たんなる1敗?

 

 

南米の国なら、選手を射殺する輩とかいそうですね。

 

実際、サッカー選手がファンに殺されたって事件ありましたから。

 

 

やっぱりプロ野球選手って、野球界の中ではエリート中のエリートなわけで、

 

アマチュア時代、

 

打って当たり前、押さえて当たり前の桁違いの能力を持った人達の集まりです。

 

でも、プロの世界では、多くの選手が、

 

その力・能力が通用せず消えていくわけですよ。

 

上には上がいますからね。

 

 

本当に厳しい世界だと思います。

 

そんな厳しい世界に生きるプロ野球選手たち。

 

10点差をひっくり返されるなんて、とんでもない大恥をかいたわけで、

 

よほどの強心臓じゃない限り、上を向いて歩く事なんてできないんじゃないかなぁと。

 

とくに、若い選手たちは。

 

 

監督・コーチも、どんな気持ちなんでしょうかね。

 

悔しいより、恥ずかしい気持ちの方が強い気がします。

 

これってよく「指導者の責任」っていう論調になりますが、

 

やるのは選手ですからね。

 

 

ただ、その選手が能力を最大限発揮できるよう、

 

環境を整えるのが、監督・コーチの仕事なわけであって、

 

それを怠っているのなら、プロ野球の球団としては、

 

終わってますね。

 

 

フィリピンでは、バスケットボールとバレーボールが人気スポーツですが、

 

ひいきのチームが負けた次の日、

 

仕事中に機嫌が悪いなんてこと、あるんですかね?

 

 

 

悔しい?情けない?恥ずかしい?思いをしたドラゴンズの選手たちが、

 

次戦でどのようなパフォーマンスを見せるのか注目したいですね。

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です