コメント 0

フィリピン版カルビーのポテトチップスが安くて美味しいよ

こんにちは。こんばんは。

「C’mon, baby アメリカ♪  どっちかの夜は昼間~♪」

どーも!フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

フィリピンでは、本当にたーくさんのスナック菓子が売られています。

 

子どもから大人まで、みんな大好きスナック菓子!

 

仕事中にムシャムシャ、ご飯の前にボリボリ。

 

「小銭があったらスナック菓子」「いつでもどこでもスナック菓子」ですね。

 

 

基本的にあまり間食をしないカリパイですが、たまーに食べたくなるときがあります。

 

そんな時、よく買うのが「Jack’n Jill Calbee Potato Chips」です。

 

 

中でもお気に入りなのが、この「Wasabi(ワサビ)」味です。

 

 

ちょっと待ってください!

 

 

 

パッケージには「Calbee(カルビー)」の文字が!!

 

ということは、このポテチ、日本のカルビーと関係があるの? それとも、パチモン?

 

そこでちょいと調べてみました。

 

カタカタカタ・・・

 

 

 

Calbee-URC, Inc.

この会社、実は日本の「カルビー株式会社」とフィリピンの「Universal Robina Corporation」の合弁会社なんですね。

 

 

Universal Robina Corporationは、フィリピンで強力なブランド力をもっている超有名な会社です。

 

フィリピン好きの人なら知っている、ドリンクのC2も、この会社が製造販売していますね。

 

合弁会社「Calbee-URC, Inc.」の概要はこんな感じです。

  • 事業内容:スナック菓子の製造販売
  • 資本金:6億ペソ
  • 設立年月:2014年4月
  • 出資比率:それぞれ50%ずつ

 

カルビー株式会社からも正式な発表が出ていました。

フィリピン合弁会社(子会社)設立に関するお知らせ

 

 

パッケージにも表記がありますね。

 

調べる前までは、カルビーの名をかたるパチモンかなと思ってましたが、何だか安心しましたよ。

 

このポテトチップスは、「うすしお」「サワークリーム」「わさび」の3種類の味があります。

 

別の種類のパッケージとして、「ピザ」「ハニーバター」の味もありますね。

 

詳しくは公式ホームページをのぞいてみてください。

※いくつかのパッケージはデザインが新しくなっています

 

 

さて、難しい話はこれくらいにして、中身を見ていきましょう。

 

 

 

どうですか?見た目はそのまんまポテトチップスですよね。

 

 

パリパリの食感、香りよくピリッとした「わさび味」ですね。

 

う~ん、クセになるおいしさ!

 

 

とくに、わさびの風味がいいです。これ、ビールのつまみとしてもバッチリですよ。

 

さて気になるお値段。

 

なんと、一袋16.5ペソ(約33円)!!

※SMスーパーマーケットにて

 

内容量がちょっと少ないなぁと思いますが、サッと食べきることができるサイズなのでOKでしょう。

 

というのも、ここはフィリピン。開封後、すぐにしけちゃいますから笑。

 

 

以上、フィリピンで見つけた「フィリピン版カルビー」のポテトチップスでした。

 

試しに食べてみてね~

 

んじゃまた!バイバイ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

あわせて読みたい

フィリピン情報満載!
伝説のKalipay

グルメ・観光・ショッピング・バイク等、フィリピン・セブから役立ち情報をお届け中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です