151 views

【超簡単】モヤシを使ってカリパイ流ナムルを作ってみた

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

カリパイ
うまいつまみでビールを飲みたいなぁ~

 

何も難しい話ではありません。

 

シンプルな話なんです。

 

うまいつまみ+ビール=幸せ(Kalipay:カリパイ)

 

てなわけで、モヤシのナムルを作ろうと決め、いつもの市場へモヤシを探しに行きました。




モヤシを求めて市場へ

 

市場に到着したのは、15時頃。

 

ちっ、ちょっと出遅れたか・・・。

 

 

野菜を扱っている店を見て回りますが、なかなかモヤシを見つけることができません。

 

モヤシ

 

モヤシ

 

モヤシ・・・

 

どこにいるんだーモヤシくーん!

 

 

ようやく見つけました。

 

しかし、まぁその店の店員の態度が悪い悪い。

 

このモヤシいくら?

 

は? 50・・・。

 

キロ50ペソ?

 

は? おう。

 

やり取りはこんな感じ。

 

 

ちなみに、モヤシのことをビサヤ語で「taoge(タオギ)」、タガログ語で「toge(トギ)」と言います。

 

スーパーでよく耳にするのは「toge(トギ)」ですね。

 

例えば、店員さんに「モヤシっておいしいよね?」って話しかけると、

 

「あぁ、トギね」て返事が返ってくることが多いです。

 

 

 

こちらが買ってきたモヤシ。

 

500g 買ったので、25ペソ(約50円)でした。

 

豆が開いて芽が出ているのは気にしません。

 

500gで50円だと、日本とあまり変わらないんじゃないかと思うのですが、どうでしょう。

 

もしそうなら、こっちでは少し高い野菜ということになりますね。

 

 

簡単ナムル作り

 

用意するものは、以下のとおりです。

  • モヤシ
  • コショウ
  • 味の素
  • ゴマ油

これは、昔焼き肉屋でバイトをしていたときに覚えたレシピです。

 

塩・コショウ・味の素・ゴマ油の分量は、お好みでオッケーですが、一応すべて1対1の割合にした方がいいかも知れません。

 

 

あらかじめ器に入れてよく混ぜておきます。

 

 

 

 

モヤシを湯がいて水を切った後、先ほどの器に入れ、よく混ぜます。

 

 

 

ハイでき上がり!

 

ゴマ油の風味が、たまらないですね~。

 

冷蔵庫があれば、少し冷やしてから食べた方が美味しいかも知れません。

 

 

まとめ

 

簡単・お手軽・わずか3分!

 

ビールのつまみに、モヤシナムルを作ってみました。

 

うまいつまみ+ビール=幸せ(Kalipay:カリパイ)

 

はぁ~ウマかった。

 

満足、満足・・・。

 

ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

2 件のコメント

    • ラシオンさん

      >食わせろ~!
      直球勝負ですねw

      ウマかったですよ~笑
      モヤシを湯がきすぎないのがポイントです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です