コメント 0

甘いものが嫌いな自分が唯一お金を出して買う『Red Ribbon のバタープト(Puto)』

こんにちは。

甘いものが大の苦手、フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

もしも自分が甘いものが好きな人間だったら、

 

このフィリピン生活も今の100倍楽しいものになっていることでしょう。

 

とはいえ、まったく甘いものがダメかと言えばそうではありません。

 

どっちやねん!

 

食べられない訳ではないですが、自分でお金を払ってまで食べたいとは思わない感じです。

 

そんなカリパイが、唯一「お金を出して食べてもいいよ」っていうものがあるんです。

 

 

『Red Ribbon のバタープト(Puto)』

 

はい、これ。レッドリボン(Red Ribbon)のバタープト(Butter Puto)です。

 

「プト(Puto)」とは、フィリピンのお菓子で「米粉で作る蒸しパン」です。

 

ローカルの屋台なんかでも売ってますね。

 

んでもって、カリパイのお気に入りは「レッドリボン」で売っているやつなんですよ。

 

10個入りで65ペソ(約130円)ですよ。

 

なかなかよろしい価格ですよね。

 

 

余計なトッピングはなく、シンプルなバータープトです。

 

 

食感はズバリ「モチモチ」です。

 

甘さも控えめで、これ大好きでーす。

 

カリパイのお気に入りの食べ方は、「冷蔵庫に入れて冷やしてから食べる」です。

 

甘いものが苦手なカリパイでも、

 

気付いたらあっという間に4つほど食べてしまいますね。

 

 

そう言えばこれ、日本でも食べたことがある気がするんですよ。

 

でも、それがどこで?どんな?だったか思い出せない・・・。

 

とにかく、

 

味に違和感なし!

そんなに甘くない!

 

というわけで、レッドリボンのお店を見かけるとついつい買ってしまいます。

 

 

まとめ

 

甘いものが苦手なカリパイでも、バクバク食べてしまうレッドリボンのバタープト。

 

まだ食べたことがない方は一度お試しあれ~。

 

フィリピン情報満載!
伝説のKalipay

グルメ・観光・ショッピング・バイク等、フィリピン・セブから役立ち情報をお届け中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です