230 views

【フィリピンの祝日】今日はお墓参りに行ってきました

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

11月1日は「All Saints’ Day(諸聖人の日)」で祝日のフィリピン。

 

キリスト教において聖人と殉教者を記念する日ですね。

 

日本でいうお盆のような感じです。

 

なので、この時期に合わせて、地元に戻り、みんなお墓参りをします。

 

 

自分もそうでしたが、語学留学中の日本人などは、学校が休みになるので旅行に出かけることが多いでしょう。

 

みんながそろって大移動するため、

 

街は結構静かになりますね。渋滞も減りますし。




カリパイは、妻の実家のみんなと地元の墓地へ行きました。

 

フィリピンの墓地へ行ったことがある人はあまり多くないと思いますが、

 

墓地へ来ると、フィリピン社会の縮図を見て取ることができます。

 

 

フィリピンでは火葬をする人は本当にわずかで、ほとんどが棺桶をそのまま埋めてセメントで固めるだけです。

 

プライベート墓地は広めのスペースがあり、公園のような感じになっていますが、

 

一般の公立墓地では、狭い敷地内に、カプセルホテルのようにお墓が積み上げられています。

 

お金持ちのお墓は、屋根付き、庭付きなど、まるで普通の一軒家のようなお墓になっています。

 

死んでからの住む環境も、貧富の差が如実に表れているフィリピン墓地事情。

 

 

 

本来なら、墓地にてみんなで食事を囲み、飲めや歌えの大騒ぎになるところですが、

 

妻の実家の墓地は、公立墓地なので、

 

広いスペースがありません。

 

お参りをした後、実家へ帰ってからみんなで食事を囲みました。

 

 

 

お参りの仕方はもちろん違いますが、

 

故人をしのんで食事を囲む様子は、日本と同じだなぁと思いました。

 

もちろんビールを飲みながらカラオケ大会ですけどね。

 

 

お墓参りは定期的にしていますが、今日はちょっと特別な雰囲気のお墓参りとなりました。

 

何事も経験ですね。

 

ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です