290 views

フィリピンあるある「ちょっと近くないですか?」と闘う日々

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

今日は久しぶりの朝寝坊からの、最近できていなかった読書。

 

午後から激しい雨が降っていたこともあり、一日中家の中で過ごしていたカリパイです。

 

ちょっとした「ひきこもり状態」ですかね。

 




 

雨が止んだ夕方過ぎに、ようやく外出。近所のコンビニへ行きました。

 

この時間帯には珍しく、店内はさほど混雑しておらず、

 

レジにも行列はできていませんでした。

 

 

ジュースとお菓子を購入。

 

店員さんもカリパイを覚えてくれているので、

 

気さくに話しかけてくれます。

 

 

で、そんなこんなで楽しい気分でお会計をしているとき、

 

カリパイの後ろに一人のフィリピン人女性が並びました。

 

 

年齢は20代前半でしょうか。手にはスナック類とジュースを持っていました。

 

 

その女性、めちゃくちゃ近いんです。

 

 

ここは満員電車の中かっていうぐらい、近いんです。

 

 

その女性の後ろには、だれも並んでいませんし、

 

スペースも十分にあります。

 

でも、近いんです。

 

鼻息が聞こえるぐらい近いんです。

 

 

 

これ、フィリピンに住んだことがある人なら分かってもらえる、

 

フィリピンあるあるだと思いますが、

 

フィリピン人って、異常に距離感が近いです。

 

この距離感は、物質的な意味での距離感です。

 

 

この状況を日本で想定できる場面で例えるなら、

 

意図的に相手にプレッシャーをかけたくて「あえて」超接近し「早くしろ」アピールをするときでしょうか。

 

車のあおりと同じ理屈です。

 

 

カリパイ、フィリピンであおられてるんですかね??

 

 

 

過去に、スーパーのレジで一度だけ言ったことがあります。

 

「すいません。ちょっと距離をおいてもらえますか?近すぎませんか?」

 

その時、言われたフィリピン人は「は?」と何を言われているか理解できていない様子でした。

 

なぜ理解できないのか、不思議で仕方なかったのですが、

 

自分なりに落としどころを見つけました。

 

 

ここフィリピンで暮らすには、

 

前の人との間にすき間を作ってはいけない。

 

そんなすき間を作れば、たちまち誰かに割り込まれてしまう。

 

これはここフィリピンで生き抜くために必要なことなんだ。

 

 

フィリピン人、満員電車とかきっと平気だと思いますよ。

 

ジプニーなんかある意味、満員電車ですからね。

 

 

カリパイは、見ず知らずの人がすごく近い距離にいると「うぇ」っとなってしまう人なので、

 

フィリピンで暮らしていても、これだけは、なかなか慣れないですね。

 

でも、何とか適応しないといけません。

 

 

そこで、発想を変えてみることにしました。

 

近い=親近感がある

近い=カリパイに魅力を感じてくれている

近い=カリパイは愛されている

 

な~んだ、みんなカリパイのことが好きだったんだ。

 

それなら仕方ないなー

 

 

フィリピンで暮らすには、

 

「許す心」が必要です。

 

 

あっ、でも、スリを許しちゃダメですよ。

 

誰かが異常に近くにいるときは、スリの可能性がありますから。

 

 

 

ランキング参加中
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です