216 views

【失敗】セブで魚の干物を食す→超塩っぺーっス(泣)

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

先日、モヤシを買いに市場へ行ったとき、ついでに魚の干物を買いました。

 

これまでも、フィリピンで何度か干物を食べたことがあったのですが、この日は、初めて見る魚を発見。

 

なんだこの魚?

 

キスっぽいけど違うなぁ・・・。カマスでもないし・・・。

 

とりあえず、見た感じ美味しそうだったので購入し、家に帰ってからどんな魚か調べることにしました。




この魚の正体は・・・

 

ネットであれこれ調べた結果、どうやらこの魚「エソ」の仲間ではないかという結論に達しました。

 

多分「マエソ」なんじゃないかなぁーと思いますが、ご存知の方がいたら教えてください。

 

 

調理開始!

 

この干物を買ったとき、店のおばちゃんに「これ塩辛い?」って聞きました。

 

すると、「全然塩辛くないよ。なんせうちのダンナが作ったんだから!」と謎自慢を受けたのですが、一応その言葉を信じることに。

 

通常、フィリピンでの干物の調理方法は、「油で揚げる」「多めの油で炒める」がスタンダードなのですが、今回は日本式の方法を採用しました。

 

というのも、魚グリルがないので、フライパンでの調理となります。

 

こつはズバリ「油を使わない」です。

 

過去の経験上、フライパンで油を使わずに干物を焼くと、フンワリおいしく出来上がるはず。

 

 

 

最初に、皮のない面を下にして弱~中火で焼きます。

 

 

 

適当に様子を見ながらひっくり返して、反対側も焼きます。

 

見てくださいな。美味しそうでしょ?

 

 

ハイでき上がり!

 

「見た目」は美味しそうなんですね~。「見た目」は。

 

 

実食!

 

 

 

塩っぺー!!

 

おばちゃーん、話が違うやん!

 

塩っぱくないって言ったやん!

 

しょう油をかけて食べたかったのに・・・。

 

でも、この塩っぱさ、ご飯が爆裂に進みますよ!

 

一応、身は美味しかったですね。

 

 

やっぱりフィリピン式の調理方法のがいいんですかね。

 

それとも、焼く前にガシガシ水洗いする?

 

 

まとめ

 

結論:おばちゃんの店で買った謎の魚は、ひどく塩っぱかった。

 

次回は、違う店で買ってみようっと。

 

ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です