コメント 0

見習いたいフィリピン人の営業力

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

この季節「アドバンスメリークリスマース♫」と連日のように子ども達、そして若者達がやって来ては、うたを歌ったり楽器を演奏したりしています。

 

彼らの目的はズバリ「お金ちょうだい」「お菓子ちょうだい」です。

 

普段、事あるごとに「シャイだから」といっているフィリピン人も、子どもの頃は違ったのでしょうか。

 

彼らの積極性は本当にすごいですよ。

 

そう、まさに彼らは「物怖じしない凄腕営業戦士」なんです。

 

 

総員突撃せよ!飛び込み営業スタイル

 

土曜日の午後。

 

ふと窓から外を見ると、楽器を持った若者達の姿が。

 

向かった先は、誰かの家の玄関口です。

 

そして、そのまま大爆音量で演奏を開始。

 

曲目はクリスマスの曲です。

 

 

演奏が終わり、ほどなくして家の人が外へ出てきて、彼らにお金を渡していました。

 

受け取った彼らは、何も言わずに(聞き取れなかっただけかも)その場を後にしました。

 

 

そして、そのまますぐならびの家の前でも同じように突然演奏開始。

 

その家の人は、演奏後、なかなか外に出てきませんでした。

 

すると彼らは、「早くしてくれー」とあおるかのように楽器で音を出し始めました。

 

10分ほどやっていましたが、結局誰も家から出てこず、彼らも諦めて移動。

 

 

カリパイが思ったこと

 

これはこの国に昔から根付いている風習のようなもので、それ自体に何も不満もなければ否定する気もありません。

 

むしろ「あぁこの季節になったか」と、自分も楽しい気持ちになります。

 

 

 

 

一点だけ、どうしても「何で?」と思うことがあります。

 

それは、聞かされる側が望む望まないに関係なく演奏が始まる点です。

 

今日のことを例に話をすると、彼らは楽器を使って演奏していました。

 

しかも、めちゃくちゃ音がデカいんです。

 

 

もしもですよ。

 

その家の中に、ぐずりにぐずってようやく寝かしつけた赤ちゃんがいたら?

 

その家の中に、大きな音に敏感に反応して精神不安定になるひとがいたら?

 

その家の中に、電話やスカイプで大事な打ち合わせをしている人がいたら?

 

 

はい。当然ですが、大迷惑です。

 

なので、一言「今から演奏してもいいですか?」って何で聞けないんですかね?

 

そこには演奏する自分たちの都合だけで、聞く側の都合はどこへいってしまったの状態。

 

せっかく、クリスマスを祝うためにいいことしてるんだから、そういう配慮もできたらいいのになぁと思ってしまいました。

 

 

カリパイよ、お前は甘い!

 

ですが一方で、別の見方もできます。

 

  • 相手がどう思おうが知ったこっちゃない
  • どんな手を使っても「稼ぐ」
  • 怖じ気づいている暇はない
  • 数打ちゃ当たる

 

こんなことが当てはまりそうです。

 

そうです。

 

稼ぎたいんなら待っているだけではダメなんです!

 

相手にどう思われようが、飛び込んでいくしかないんですよ。

 

この営業力。タフさ。

 

おおいに見習うべきです。

 

 

この国の未来は彼らの肩にかかっている!

 

なので、彼らの営業力を更に高め、ゆくゆくはこの国にとって大事な戦力、人材の育成を考えるのであれば、

 

厳しい評価も必要だと考えます。

 

「あのぉ~これはただ単に、クリスマスの楽しみでやってるだけなんですけど・・・」

 

甘ーーーい!!

 

この取り組みは、立派な社会勉強の一環です。

 

演奏が下手なら、歌がマズければ、お金やお菓子を手にすることはできない!

 

やるならヘラヘラせずに命がけで真剣にやれ!

 

ベルトはいつでも用意している。かかってこいコノヤロー!!

1・2・3・ダーーー!!!

 

こういうエールを送る大人がいれば、この国の未来も安泰でしょう。

 

「カリパイ、お前が言ってやれよ!」

 

いやその前に、自分も下手くそなうたを歌ってお金を集めに行きたいっすよw

 

フィリピン情報満載!
伝説のKalipay

グルメ・観光・ショッピング・バイク等、フィリピン・セブから役立ち情報をお届け中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です