321 views

【バイク旅】突然ですが今ここにいます!

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

突然ですがカリパイ、旅に出ました。

 

セブからバイクで「イロイロ市」へ行きます!

 

 

飛行機で行けばあっという間についてしまう距離ですが陸路バイクで行くと、めちゃ遠い!

 

フェリーにも2回乗らなければいけません。

 

そんなバイク旅、第1日目を簡単にご紹介します。




出発

昨夜は少し飲み過ぎて、若干体調が万全ではない状態で起床。

 

おや?天気いいじゃん今日。

 

バイクで出かけたいなぁ~と思い、さてどこへ行こうか・・・。

 

せっかくなんでビサヤ圏じゃないところへ行ってみたくなり、イロイロに決定!

 

深い意味はなくシンプルに決めました。

 

ネットで軽く調べると、陸路&フェリーで行けることがわかったので、身支度を開始しました。

 

家を出たのは12時頃ですね。

 

道中

激しい渋滞はなく、どこもスムーズに走ることができました。

シーサイドSMが見えますね!

 

タリサイ、ナガを抜け、ようやくカルカーシティへ到着。

 

ここまでめちゃ遠かった!

 

ここからは、セブ島を横断、山越えをします。

 

道路はすべて舗装されていて、快適に走行することができました。

 

途中、こんな光景も。

 

ブタがデカイ!

 

思わぬ落とし穴が!

グーグルマップを見ながら、フェリーに乗るために港を目指し、到着したのが「ジャピタン」という港です。

 

しかし、ここ、港と言うより、単なる突堤?大丈夫か?

 

人がいたので、船について聞いてみましたが、英語が通じない・・・。

 

カリパイのつたないビサヤ語で何とか会話を成立させたところ、どうやら今日の船はもう終わっているとのこと。

 

「明日までここで待ってればいいよ!」と、笑顔で意味のわからないことを言うおじちゃんたち。

 

う~ん、困ったなぁと思っていると、港で遊んでいた女の子たち(たぶん中学生ぐらいですかね)が興味津々で近寄ってきました。

 

5、6人いた女の子の中に、片言ながら英語ができる子がいたので、状況を説明すると、どうやらこの港は違う港だと。

 

こここら更に先へ行ったところにある港「タンギル港」へ行けばいいというナイス情報をゲットしました。

 

その後、いろいろ談笑した後、お礼を言って「タンギル港」へ向けて出発。

 

20分後、無事到着しました。

 

残念!今ここ

港に着くと、確かにここだと確信できる雰囲気でした。

 

ゲートにいたガードに今日の船はあるかと聞くと、

 

な~い!

 

・・・。

 

やっちまいましたよ。

 

今日はもう船がありません。

 

最終船は午後2時だったようで、その時すでに午後4時過ぎ。

 

 

まぁしかし、旅には予定外のことが起こるものです。

 

急遽、ホテルを探して、一晩ここで休むことに決めました。

 

 

ガードに「この近くにホテルある?」と聞くと、ガードは大声で友達を呼び「この人がホテルに泊まりたいってよ!」と。

 

二人のフィリピーノが、まぁそれはそれは満面の笑みを浮かべて「いっしょに行きましょう」と声をかけてきました。

 

 

あぁ、でた。これぼられるパターンだな・・・。

 

まぁでもいいか。今日はもう疲れたし、早くゆっくりしたいから・・・。

 

 

二人をバイクの後ろに乗せ、走ること5分。

 

彼らが言うホテルの到着しました。

 

名前?知りません。

 

とりあえず、エアコン付きで800ペソ。

 

シャワールームは、ローカル仕様ですね笑。

 

というわけで、今、この部屋でブログを書いています。

 

 

さっきの二人は、当然のように「チップくれ!」としつこく言ってきたので、100ペソずつ渡しました。

 

結局、1泊1,000ペソになってしまいましたね。

 

 

まとめ

「今からバーベキューやるからおいで」ってホテル?宿のオーナーが言っているので、めしを食ってきます。

 

多分、タダじゃないと思いますが、バーベキューなら大した額にはならないかと。

 

今日の反省点として、写真をこまめに撮れなかったのが悔やまれます。

 

基本的にはバイクに取り付けたアクションカムで動画を撮っているのですが、今日は途中でバッテリーが切れてしまいました。

 

 

そんなわけで明日は、船に乗ってネグロス島に初上陸です!

 

そのままパナイ島のイロイロまで一気に行きたいですが、また何が起こるかわかりませんからね。

 

 

つづきはまた明日!

 

ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です