コメント 0

【バイク旅(バコロド編)5日目】近くて遠いセブ・・・

こんにちは。

フィリピン生活満喫中のカリパイです。

 

12/29から過ごしたバコロドでの年末年始も、いよいよ5日目となりました。

 

 

新年2日目の2018年1月2日。

 

楽しかったバコロドとお別れをし、いよいよセブに戻る日です。

 

と・こ・ろ・が!

 

ここからカリパイに数多の試練が襲いかかるとは、だれが予想できたというのでしょうか。

 

 

台風襲来

 

セブに戻る予定にしていたこの日、無情にも台風接近中とのニュースが流れました。

 

Signal No 1(シグナル No 1)が出ていると、残念ながら船の運航が許可されません。

 

1/2の朝の時点で、ネグロス全域、セブにおいてシグナル1が出ていました。

 

つまり、「セブに戻る船に乗ることができない」ということです。

 

フフフ。や、やっちまったなぁ・・・。

 

 

しかし、こればっかりはどうしようもありません。

 

選択肢は2つ。

 

  • バコロドにもう一晩泊まる
  • 少しでもセブに近づいておくためにサンカルロスへ行く。

 

朝の時点では結構しっかり雨が降っていましたが、もしも午後から雨が止みシグナルが解除された場合を考えて、サンカルロスへ向かうことに決めました。

 

最悪、今日は船が出ないのであれば、サンカルロスで一泊すればよいかと。

 

 

お世話になったライルのご両親に丁寧にお礼をいい、サンカルロス港目指して雨の中バイクを走らせました。

 

 

ルートは同じでも行きとまったく違う風景に苦戦

 

バコロドからサンカルロスまでは、行きと同じ道を走りました。

 

山越えのルートとはいえ、道がよくて走りやすいからです。

 

しかし、この日は行きと違って強い風と雨がカリパイに襲いかかってきます。

 

 

所々、雨が止む瞬間もありましたが、風が強い!

 

特に開けた場所は横からの風がひどく、バイクのバランスを取るのにひと苦労でした。

 

行きと帰りで、同じ場所でも風景がまったく違います。

 

【行き】

 

【帰り】

 

唯一の救いは昼間だということですね。

 

この状況で夜だと、心折れてますよホントに。

 

 

でも、雨のネグロス島もなかなかいい景色かも・・・。

 

なーんて思う余裕は、このときはありませんでした。

 

 

一番きつかった場所はここです。(動画)

 

霧が出てましたね~。

 

 

道路も、穴だらけで、これ本当に昼間でよかったです。

 

 

バコロドを出てから3時間。

 

ようやく雨が上がりました。

 

 

ここで、レインコートを撤収。

 

このレインコートも、風をまともに受けるので走りにくい原因の一つでした。

 

雨は上がりましたが、路面は依然として滑りやすい状態が続いていたので、引き続き慎重に運転します。

 

 

途中、こんな景色も。

 

 

幸い、途中で土砂くずれなどは発生していなかったのでよかったのですが、かなりの雨量だったことがこの写真から分かりますね。

 

 

少し空に晴れ間も見えてきましたね。

 

そしてついに、サンカルロスまであと少しの所まで来ました。

 

よく頑張ったぞカリパイ!

 

 

船の運航状況を確認

 

サンカルロス港に到着したときには、もう雨は完全に上がっていました。

 

もしかして、船出てる??

 

と思いましたが、そんなに甘くはありませんでした。

 

 

チケット売り場では、船のチケットを買うことがでない人たちが、販売の再開を祈りながらひたすら待っていました。

 

ざっと見た感じ100人ぐらいいましたね。

 

念のため、港の入口でガードに話を聞いてみたところ、「コーストガードオフィスで詳しく聞いてみては?」と教えてもらい、行ってみることにしました。

 

 

ここでハッキリしたこと

  • シグナル1が出ている間は、船は出ない
  • 雨や風の状況は関係なく、あくまでもシグナルが出ているかどうかがポイント
  • 2時間おきにシグナル情報が更新されるので、確認するとよい

 

この時点でちょうどお昼頃でしたが、シグナル1がいつ解除されるかどうかは誰にも分からない。

 

つまり、いつ船が出るのか分からない。

 

こんな状況でした。

 

いつ解除されるかも分からないのに、ひたすらチケット売り場で待ち続ける?

もしも、今日中に解除されなかったら?

 

こう考えたカリパイは、安全策をとって、早めにホテルを押さえることにしました。

 

 

 

 

 

みな、考えることは同じです。

 

目星をつけていたホテルはすでに満室。

 

あちこち探し回った結果、ようやく部屋を確保することができました。

 

ちょいボロいホテルですけどね・・・。

 

 

サンカルロスで1泊

 

名前、忘れました。

 

というより、気にもしてませんでした。

 

カリパイが押さえた部屋は、シングルルームで1泊550ペソ(約1,200円)。

 

安っす!

 

 

エアコン付きでWi-Fiはナシ。

 

一応テレビは観ることができましたが、シャワーは水シャワーです。

 

いいのいいの。十分快適じゃない。

 

今日はここで、ゆっくりブログを書くとしますか。

 

 

この時、雨に濡れ、疲れ果てていたカリパイ。

 

まずはシャワーでリフレッシュだ!と、シャワー室へ入り蛇口をひねりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかの・・・

断水じゃないですか!

 

 

なぜこのタイミング・・・。

 

勘弁してくださいよ~。

 

断水ならよそでやってくれ~。

 

と泣こうが叫ぼうが、水は一向に出ませんでした。

 

とことんついてない、こんな日もあるんだ・・・。

 

 

よし!こうなったらマッサージだ。

 

受付に行き、マッサージのサービスがあるか尋ねると、

 

「そこに電話番号があるから自分でかけな!」と一言。

 

カリパイ、何があってもこのホテルには二度と泊まらないと心に決めた瞬間でした。

 

 

リフレッシュできずままのカリパイ。

 

心身共に疲れた状態でブログの更新を何とか終わらせ、夕食を求めてサンカルロスの街へ繰り出しました。

 

といっても、本当に小さな街なので、これといっためぼしい食事処がありません。

 

たまたま見つけた、しょぼいカフェ?レストラン?のような店に入って、ようやく夕食にありつけました。

 

 

注文したのは、「ベーコンマッシュルームピザ」。

 

価格は、確か160ペソ(約350円)だったはず。

 

このボリュームで結構お値打ちでしたね。味は60点でした。

 

その後、セブンイレブンでビールを買い込み、ホテルに戻ってビールを飲んだ後、早めに寝ることにしました。

 

そうそう、このホテル、

 

「ゴキちゃんがたっぷり登場する」「部屋の中でアリ大量発生」「フィリピン人グループが夜遅くまでバカ騒ぎ」

 

初めてのフィリピン旅行の人なら、間違いなく失神KO必須のホテルでしたよ笑。

 

 

まとめ

 

結局、シグナルは夕方に解除されました。

 

 

まぁ無理してこの日中にセブに戻る必要もなかったので、オッケーオッケーとこの時は気楽に構えていました。

 

しかし、翌日にとんでもないことが起きると、まったく予想していなかったカリパイ・・・。

 

果たして無事セブに戻ることができたのでしょうか。

 

いやいや、もうセブにいるから戻れたんだけどね笑。

 

次回、いよいよ最終回!

 

第9話「【バイク旅(バコロド編)6日目】カリパイついに悟りを開く?!バコロドバイク旅、感動のフィナーレ!」をお送りします。

 

お楽しみに!

 

んじゃまた!バイバイ!

ランキング参加中!!
↓バナークリックで順位が上がります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



カリパイ
「カリパイを応援したい!」という方は要チェック!
polca(ポルカ)を使ってカリパイを支援できます。
詳細は→こちら←から

あわせて読みたい

フィリピン情報満載!
伝説のKalipay

グルメ・観光・ショッピング・バイク等、フィリピン・セブから役立ち情報をお届け中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です