282 views

うまい話には罠がある?!恐怖の無敵キーワード「完全無料」〈後編〉

前編をまだ読んでない方はこちらを先にどうぞ

うまい話には罠がある?!恐怖の無敵キーワード「完全無料」〈前編〉

 

 

約束の時間は午後2時だったが、到着したのは午後2時15分。やっちまった、フィリピンタイム。

 

指定されていた場所へ行くと、少し派手目の女性が声を掛けてきた。

 

「ようこそ、お待ちしておりました」

 

その後、IDを見せ、用紙に必要事項を記入し、待つこと10分。

 

担当者だという別の女性が現れた。

 

名前は忘れてしまったので、ここでは便宜上、ジェサとしておこう。

 

 

ジェサ「ようこそ!クラブ・ウルティマへ!」

 

・・・クラブ・ウルティマ?何じゃそれ?

 

ジェサ「今から、簡単な説明が90分ほどあるけど大丈夫かしら?その後、施設の見学ね」

 

ん?説明?パーティーはどこへいった??

 

ジェサ「それではこちらへどうぞ~」

 

ここで帰ることもできたのだが、妻が「行きましょう」とアイコンタクトを送ってきた。

 

仕方ない。面倒だけど、もう少し付き合ってみるか。

 

スポンサーリンク


通された場所は、クラウンレージェンシーホテル・タワー1の2階にあるラウンジだ。

 

ジェサから、

  • どこに住んでて何をやっているのか?
  • フィリピンでの滞在歴は?
  • 旅行は好きか?
  • 今までに旅行でどこへ行ったことがあるか?
  • その内容は?
  • どんな種類の旅行が好きか?
  • 旅行では平均どれぐらいお金を使うのか?
  • 行ってみたい国や場所はどこか?

等々を結構しつこく根掘り葉掘り聞かれた。

 

はっはっは・・・パーティーの話は消えたな・・・

 

そしていよいよ本題へ。

 

ジェサ「私たちのメンバーになれば、旅をもっとお得に、そして無料でゴージャスなホテルに泊まることができるのよ」

 

なんじゃい!ホテルの会員権の促販じゃねぇーかこれ!!

 

て、気付くのが遅すぎた気もするが、その点はご容赦を。

 

ジェサ「ボラカイがタダよ!」「このホテルもタダで泊まれるわよ!」「ジムもタダよ!」

 

タダ・無料・料金不要・・・

 

ものすごい笑顔で、この言葉を連呼し続けるジェサ。

 

面倒くさいので、口を挟まずにずーっと聞いていたが、隣に座っていた妻、今にも寝そうな様子。まぶたがほとんど閉じかかっている。

 

カリパイ(心の声)おい!自分だけ寝ようとは卑怯やないか!

 

妻を寝かせまいと、さりげな~く太ももをつつき、アイコンタクトを送る。

 

「寝るではない!起きろ!」

 

何とかまぶたは開いたが、今度はフィリピン人の得意技、貧乏揺すり発動。

 

ハナシガナゲェ~ヨ、オイ!

 

とでも言いたげな妻の表情。激しく同意だ。

 

 

一応ここで、クラブ・ウルティマの名誉のために、サービスの概要を簡単にまとめてみた。

※記憶の範囲内で

 

【クラブ会員になると受けられる特典】
・一度会員になると、権利は一生
・年会費(維持費)の額に応じて、クーポン券をゲット
・クーポン券は、有効期限がないので、越年可能
・クーポン券は転売可能
・年間、数日間ホテルでの宿泊が無料
・利用可能なホテルは多数(マカティ・ボラカイ等)
・配偶者、家族も自動的にメンバーになる
・子どもに会員権を譲ることが可能
・世界中の5つ星ホテルに1泊100ドルで宿泊可能
・クラウンレージェンシーホテルのプールやジム、スパ等の利用可能

 

他にも細かいことを説明してくれていたが、省略。

詳しいことを知りたい人、興味がある人は、Club UltimaのHPへ。

http://www.clubultima.com/

 

 

時計を見ると、そろそろ約束の90分になろうかという時刻。

 

さて、そろそろ反撃しますか。

 

 

「さっきから、無料で宿泊できるとか、タダで利用できるとか言ってますが、最初にメンバーになるために払う費用がいるでしょ?つまり無料じゃないですよね。」

 

ジェサ、沈黙・・・

 

「今日の話は、とても興味深く聞かせてもらいました。いいですね、この仕組み。でも、今自分に必要な物は、贅沢な時間を過ごすことではなく、日々の生活を充実させることなので、今回は必要ありません。」

「何年か後に、もしお金にゆとりがあれば、ぜひもう一度話を聞かせてもらいたいです。」

 

 

すると、ジェサ、突然セブアノで妻に向かって早口でまくし立てた。

 

「なんであんたの旦那は、メンバーになりたがらないの!」

 

いやいや、だから今説明したやんか。金がないんだよ、金が。

 

それでも、ジェサはしぶとく食い下がってきた。

 

今日申し込みをすれば大きな割引が可能だとか、次回はもう割り引きできないとか、ストレスフリーのハッピーライフが欲しくないのかとか・・・

 

余計なお世話だボケ!!

 

こちとら、金がねぇーってんだろうが!!!

 

と冷静に説明し、時間も時間だから、そろそろ帰るとの旨を伝え、席を立った。

 

 

しかし、相手は百戦錬磨のハードパンチャー。決して諦めない。

 

「何も心配いらないわ。どう?今から食事でも?」

 

「そうね、ホテルの施設見学の後に食事をとって。もちろん無料よ」

 

見え見えの作戦。何とかして説得するための時間稼ぎ。

 

 

妻「わたし、フィッシュフライがいいわ。あなたはポークね」

 

ちーん・・・。

 

 

それから、施設の紹介で30分ほどとられ、戻ってくると食事が用意されていた。

 

ホテル上層階からの眺め

 

めしマイウ~~ごっつあんです!

 

最後の説得も何とかかわし、ようやく解放された。時計の針は既に午後6時。

 

 

するとジェサが、ちょっと疲れた様子で、お土産は次のうちどっちがいいか尋ねてきた。

  • クラウンレージェンシーホテル宿泊15%引き券
  • 屋上にあるエッジコースターまたはスカイウォークの無料券(1名分)

※いずれも有効期限は3ヶ月

 

ホテルに泊まるには金がかかるので、迷わずアトラクションの無料券をゲット。

 

次回、妻と来た際、実質半額で利用できることになるから、まぁお得かと。

 

 

まとめ

今回、結果的には一円も使っていない。

 

おお~、よく考えたら、ものすごく得したのではないか!

 

 

ジェサとの会話は基本的に英語。たまにセブアノ挟んできたけど。

 

ガチンコのタイマン英会話レッスンが無料で行えた。

 

これ、語学留学生にお勧めできるんじゃないか?

 

相手の要求に対し、注意深く聞き取り、的確に切り返す。間違ってもとりあえずイエスなんて言ってしまったら、もうそこでゲームセット。

 

この的確に切り返す部分が、超重要。

 

相手に分かるように筋道を立てて理詰めで会話を組み立てる。

 

まさに実戦英会話だ。

 

しかも、無料の食事付き。

 

無料アトラクション券もゲット!

 

 

暇な方は、挑戦してみるのもいいのでは?

 

くれぐれも、相手の勢いに飲まれて、「会員になります」って言わないように。

 

本気で会員になりたい人も、話を聞きに行く事を勧める。いろいろ細かいことまで丁寧に教えてくれるので。

 

 

次はあなたの番かも・・・

 

 

 

ランキング参加中
応援よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です